[AVレビュー]既婚女性が一人暮らしの部屋の合鍵を渡されるが、そこには男子学生が卒業までナカダシしていた。上戸 まり[動画]

ある日、一人暮らしの就活生である中野は近所の居酒屋で専業主婦のまりと出会いました。

中野はまりに一目ぼれしてしまいました。

その後、偶然再会し、連絡先を交換して自宅で飲むことになりました。

二人の関係は時間とともに深まっていきました。

中野はまりに自宅の合鍵を渡しました。

まりは夫が出勤すると買い物袋を片手に中野の家へと向かいました。

まりは夫に相手にされない寂しさを紛らわすために、中野との濃密な時間を過ごしていました。

しかし、中野が就職すると、二人の関係にも変化が訪れました。

無料サンプル動画

発売日2023-05-19 10:00:39
収録時間161
シリーズ合鍵をもらった人妻が、男子学生が卒業するまで中出しされた一人暮らし部屋。
ジャンルハイビジョン、独占配信、単体作品、スレンダー、不倫、熟女、中出し、デジモ、人妻・主婦
女優上戸まり
レーベルMadonna
品番juq00299
価格350~

作品レビュー

大学生とその妻の甘酸っぱくてエッチなイチャイチャライフ......見ていてとても羨ましかった!男優もマリもラブラブっぷりがスキだった!服を着たままセックスすることが、いかにエッチなことかを思い知らされた!マリの乳首はいつもピンク色で美しく、見ているだけで興奮する。マリの乳首はいつもピンクで綺麗で見ていて興奮する。純愛ラブストーリーで美しいセックスが見られてよかった。またラブラブカップルが見たい!

上戸真里の映画はこれで3作目。かわいい。だんだん慣れてきました。これからも楽しみにしています。

篠田ゆう主演の1作目は、男の部屋に入るのに合鍵を使うか、呼び鈴を押してドアを開けてもらうかの違いだけだった。今作では監督が代わり、合鍵の存在感が増し、キーホルダーもセンスのいいものが選ばれている。経験豊富な大人の女性と、まだ若さを残す青年とのギャップも重要で、特にベテラン俳優の貢献は大きく、室内でのセックスが許された途端、鍵を渡す新人女優が可愛く見えるキャラクターを無謀にも演じた。3作目のドラマでは、経験とは真逆の役柄も好演したが、男優役ということもあってか、女優の得意とする敏感なアソコを蹂躙されるM感覚が不足していた。逆に、結婚生活の冷たさとの対比がもう少しあってもよかったかもしれない。合鍵もラブコメでは活躍するが、エロそのものにはほとんど関与しない。せっかく近所に住んでいるのだから、夫の留守中に夜ひとりで寝る寂しさに耐えかねた人妻が、夜な夜なセックスに出かけるという展開があってもよかった。冷え切った結婚生活の現実を忘れ、そこから脱出しようとする破滅型のストーリーを匂わせない安易さが印象に残らない。人妻が、男が寝ている間に自分の合鍵を男のと一緒にテーブルに置いていくエンディングは切なくて素敵だったが、正直、最後の結末は伝わりにくかった。最初に見たとき、"人妻には他に友達がいたのかな?"と思った。と思ってしまった。それに、友情が理由で家の鍵にかわいいキーホルダーをつけたのなら、その鍵には何もつけないシーンとか、もっとかわいくないものをつけてごまかすべきだったと思う。物足りないところも多いし、個人的には過去の思い出というのも好きではないが、恋愛ラブコメとしてはかなり改善されており、これはシリーズ化してもいいんじゃないかと思えるレベルに達していると思う。

ロリータ熟女、上戸麻里に癒される!俳優:中野太陽上戸真里は、隣にいそうな癒し系女優だ。ソフトで媚びない愛撫が素晴らしい。女優として独り立ちした彼女の今後の活躍に期待したい!

サンプル画像

自宅での飲み会が二人の関係を深める 一人暮らしの就活生・中野はある日近所の居酒屋で出会った専業主婦のまりに一目ぼれしてしまう。

彼女の可愛らしさや笑顔に惹かれ、中野はまりとの出会いを忘れることができなかった。

それから何度か偶然再会すると、二人は連絡先を交換し、お互いの日常や趣味について話し合うようになった。

そしてある晩、まりは中野を自宅に招待する。

彼女は簡単な料理と美味しいお酒を準備し、中野をおもてなしした。

二人はリラックスした雰囲気の中で、お互いの秘密や夢について話し合い、深い絆を感じた。

自宅での飲み会は、まりと中野の距離を一気に近づけるものとなった。

そうして、自宅での飲み会が習慣化していく中で、二人の関係はますます深まっていった。

中野はまりに自分の家の合鍵を渡し、彼女は夫が出勤するとすぐにお買い物袋を持ち、中野の家にやってくるようになった。

彼女は夫との関係に満たされず、中野との時間を求めたのである。

自宅での飲み会では、まりと中野はお互いに素直な気持ちを語り合い、心を開放することができた。

彼らはお酒を片手に笑い転げたり、深い話に花を咲かせたりすることで、お互いを理解し支え合う存在となっていった。

しかし、中野の就職が決まると、二人の関係にも変化が訪れた。

中野は新しい職場で忙しくなり、まりとの時間が減ってしまったのである。

それでも二人は週に一度は必ず自宅での飲み会を重ねることで、繋がりを保ち続けた。

自宅での飲み会は、二人の関係を深める場となった。

まりと中野はお互いの存在を支え合い、励まし合い、心の寂しさを埋める存在となった。

これからも彼らは自宅での飲み会を大切にし、二人の絆をさらに深めていくことだろう。

「濃密な時間を過ごす二人」 一人暮らしの就活生・中野はある日近所の居酒屋で出会った専業主婦のまりに一目ぼれしてしまう。

それから偶然再会すると連絡先を交換し自宅で飲むことに。

二人の関係は深まっていくのだった。

中野はまりに合鍵を渡し、まりは夫が出勤すると買い物袋を片手に中野の家へと向かった。

そして、夫に相手にされない寂しさを紛らわすように、濃密な時間を過ごしていたが、中野の就職が決まると、二人の関係にも変化が訪れて…。

この物語は、一人暮らしの就活生と専業主婦という異なる背景を持つ二人の出会いと、お互いに抱く孤独感や欲望といった感情が交錯する濃密な時間を描いています。

中野はまりに一目ぼれした時から、彼女に対して特別な感情を抱いていました。

彼は就活に追われる中で、寂しさや不安といった感情に苦しんでおり、まりの存在が彼にとって癒しとなっていました。

まりもまた、夫との関係に満たされていない寂しさを抱えており、中野との出会いによって心の空白を埋めることができたのです。

二人はその濃密な時間を通じて、お互いに自分自身を解放することができました。

彼らは普段の生活では味わえない刺激や興奮を共有し、心のつながりを深めていきました。

彼らの関係は、ただ単に肉体的な関係だけでなく、心の交流や励ましの場となっていました。

しかし、中野の就職が決まると、二人の関係に変化が訪れます。

中野は新たな生活に向けて準備を始め、まりとの時間を減らすことになります。

まりは中野に依存していた部分があり、その変化に戸惑いや不安を抱えるようになります。

物語は、二人の関係がどのように変化していくのかを描いています。

中野の新たな生活が始まり、まりとの関係がどのように受け止められるのか、彼らが直面する選択や苦悩、そして最終的な結末に注目が集まります。

この物語は、出会いと別れ、欲望と孤独、そして人間関係の複雑さをテーマにしています。

二人の特別な関係が、彼らにとってどのような意味を持っていたのか、その答えを見つけるために、読者は彼らと共に感情の迷宮に入り込むことになります。

おすすめの記事