[AVレビュー]高級ソープに行く為、お金と精子を溜めて1ヶ月後―。爆乳むっちり淫乱寮母に理性が崩壊して精子が枯れ果てるまで生ハメしまくった!! 木下凛々子[動画]

「高級ソープ旅行まで、お互い1カ月間お金と精子を溜めようぜ」という約束を友達と交わしたその日から、私たちは厳しい禁欲生活が始まりました。

私はオナニー中毒であり、一日がとても長く感じられました。

毎日辛抱強く溜めていくことで滾る精液を抑え続け、ようやく旅行の前日を迎えることができましたが…。

禁欲明けの私にとってはあまりにも刺激的な光景が待っていました。

寮母さんの爆乳と爆尻を目撃してしまったのです。

限界状態の私は理性を失い、無意識のまま寮母さんと生で関係を持ってしまいました…。

無料サンプル動画

発売日2023-05-05 10:00:24
収録時間118
シリーズ高級ソープに行く為、お金と精子を溜めて1ヶ月後─。爆乳むっちり淫乱寮母に理性が崩壊して、精子が枯れ果てるまで生ハメしまくった!!
ジャンルハイビジョン、独占配信、巨乳、デジモ、熟女、中出し、汗だく、単体作品、人妻・主婦
女優木下凛々子
レーベルMadonna
品番juq00244
価格350~

作品レビュー

ビデオはこの魅力的な背中の女性が何であるかから始まる。彼女のファッションはバージンキラー風で最高だ。こんな寮があって、こんな寮母さんがいたらいいのに。タカシとマサヤのソープ旅行から始まる。携帯ではなく雑誌を見ているのがくすぐったい。ウィッシュ、ウィッシュ、ウィッシュで行こう。二人が見ているのはスマホではなく雑誌。このお尻はヤバい、寮母さんのお尻はヤバい、みたいな。挿入後、すごく早くなるんですよね。左手の薬指に指輪してるから、人妻の寮母さんなんだけど、あら、やってる。部屋は普通の部屋なんだけど、光の効果でセピア色で落ち着いてるし、見せたいものを見せるためにアングルにも気を使ってるから、もっと画面に集中できた。画面にもっと集中できた。彼女の表情やうめき声は今まで見た中で最高だった。イキそう」という声がなくても、今まで見た中で最高の演技だった。タカシが逃げ惑うシーンに続いて、強烈な倫子のオナニーが映し出されるビジュアルも完璧だった。倫子の体なら、AVならソープランドものだろうと思ったが、今見ると地味すぎる気もするが、それでもなかなかのもの。なぜか途中から、それがソーププレイであることを忘れ、背徳的な寮母の堂々たる性欲全開プレイに、朝まで、また字幕を入れたくなる。最近の作品は絡み具合が抜群で、「もう一回しよっか」と言う時の声が可愛い。倫子ちゃんの声ならなおさら。彼女はあそこでやっている。いや、いいんですよ。

倫子ちゃん、色っぽい!こんな優しい寮母さん、みんなにやってるのかな?その写真も撮ってほしかったな。倫子ちゃん、ほとんど体型崩れてるけど、その分セクシーに見える!

木下倫子のおばちゃん顔と熟成された程よい肉付きのボディがエロい。垂れたオッパイ、色素沈着した乳首、だらしなく肉のついた下腹部、弛んだお尻、太もも......。完熟した肉は、まるで腐った肉のようにおいしい。最初は、無理やり?いえいえ、全然。......?りりんこちゃんは上手です。りりんこちゃんが興奮する。......パイずり......。フェラチオ......"まだいいよね?もっと精子ちょうだい?欲望を抑えきれず、オナニー......。なんともエロティックなオナニーシーンだ。それでも満足できず、若い男のところへ......。もし倫子ちゃんがソープ嬢だったら......。ソープ嬢には行きません。それどころか、通い続ける。ローションプレイ、おっぱい責め、騎乗位......。腰、おっぱい、下腹がエロく揺れ、顔がエロい。顔がエロティックに美しい。ロールスロイスでの下腹の揺れ方がたまらない。精子が尽きるまでりりんこができる。木下理梨子の魅力満載の傑作。

高級ソープに行く前に、1カ月はお金と精子を貯めよう。友人と約束したその日から、地獄のような禁欲生活が始まった。オナニーマニアの私は、一日一日がとても長く感じられた。出そうな精液を触らずにキープしてなんとか旅行前日を迎えた。寮母さんの巨乳と巨尻を見ると、禁欲主義の私には刺激が強すぎた。極限状態の私は理性が吹っ飛び、無意識のうちに寮母さんを生で犯してしまった。寮母役は木下倫子。彼女は高級ソープに通うため、金と精子を貯めるために禁欲生活を決意する。ところが、ソープに行く前日、とても刺激的な寮母を目撃してしまい、我慢していたチンコが勃起してしまう。ソープに行く余裕もなくなり、ただで寮母とマンコファックし放題。理性は崩壊し、何度も何度も寮母のマンコに中出ししてしまう。木下はエロが成熟していい味出している。表情もいい。

サンプル画像

1日1日が長く感じる禁欲の日々

禁欲生活の日々は長く感じられるものだった。

友達との約束から始まり、お金と精子を1カ月間ためるという困難な課題を課せられた。

これまでオナニーに溺れていた自分にとって、その課題は地獄のようなものだった。

触れたくてたまらないザーメンを抑え続けながら、日々を過ごすことになる。

しかし、その制約がかかった日々はいつもよりも時間がゆっくりと流れるように感じられた。

ついに禁欲期間が終わり、待ちに待った旅行の前日を迎えた。

しかし、その日に何とも刺激的な出来事が僕を待ち受けていた。

寮母さんの爆乳と爆尻を見てしまったのだ。

極限状態に追い込まれた僕は、理性が吹き飛び、無意識のままに寮母さんと関係を持ってしまったのだ。

禁欲の日々での欲望の抑制は、身に染み付くほど苦しかった。

それでも、その後に待ち受けている快楽への期待は、日々の喪失を埋めるかのような存在だった。

しかし、その快楽が禁欲明けの一瞬に訪れた時、僕は思わぬ出来事に直面した。

寮母さんの魅力的な体を目の当たりにした瞬間、僕の理性は崩壊した。

禁欲の限界を超えた快感に取り憑かれ、僕は寮母さんを生でハメまくってしまった。

後悔と後悔の念が心を埋める中、その時の衝動的な行為は僕自身が自覚していない状態で行われた。

禁欲生活は日々の欲望を抑制し続けることであり、それによって得られる快楽は一層強烈なものとなる。

禁欲生活の果てに訪れたこの場面は、主人公がどれほど欲望に囚われていたかを物語る象徴的な瞬間です。

この物語は、禁欲生活の極限状態が人間の理性に与える影響を描いています。

主人公の失った理性は、彼が本来の自分ではなくなってしまったことを象徴しています。

このような極限状態では、人間の欲望や本能が制御できなくなり、理性が脆弱になることが示唆されています。

物語は、禁欲生活という過酷な状況下での主人公の心理的変化を通じて、人間の欲望の強さと理性の限界について考えさせられるものです。

禁欲生活の果てに見えた光景は、極限状態での理性の欠如の一例として提示されています。

寮母さんの誘惑に抗えず、禁欲が崩壊する

寮母さんの誘惑に抗えず、禁欲が崩壊する 一カ月間の禁欲生活の果てに待っていた高級ソープ旅行。

それまで我慢していたオナニーの衝動が限界に達していた私は、友達との約束を守るため、つらい日々を過ごしていました。

一日一日が長く感じられ、溜まりに溜まったザーメンを鎮め続けることで精神的にも肉体的にも限界に達していました。

そして、ついに待ちに待った旅行前日。

禁欲明けの私は、あらゆる刺激に敏感に反応する状態になっていました。

そんな状態で目撃してしまったのは、寮母さんの爆乳と爆尻。

彼女は日々の生活で無意識に鍛えられたセクシーなボディを持っていました。

極限状態の私は、理性が吹き飛びました。

もはや無意識の状態で、彼女の魅力に飛びついてしまったのです。

禁欲生活の末に得た解放感と、寮母さんの誘惑に抗えない欲望とが交錯し、私は思わず寮母さんを生でハメまくってしまいました。

その瞬間、私は自分自身に驚きました。

禁欲生活の一カ月間、誘惑に抗い続けてきたはずなのに、一瞬の誘惑で全てが崩れ去ってしまったのです。

そして、後悔の念が広がりました。

友達との約束を破ってしまったこと、寮母さんという立場を乱用してしまったこと、この欲望のままに行動したことに対して、私は深い自己嫌悪に陥りました。

寮母さんとの過ちは、一瞬の快楽と引き換えに私の人生を狂わせる結果となりました。

これまでの禁欲生活の苦労と努力は一瞬で無駄になり、自己制御の欠如を痛感しました。

この一件をきっかけに、私は自分自身と向き合い、欲望に振り回されない強さを身につける必要があると感じました。

禁欲の意志を持って生活すること、そして他者への配慮を忘れずに行動すること。

これらの教訓を胸に、私は再起を誓うのでした。

おすすめの記事