[AVレビュー]憧れの叔母に媚薬を盛り続けて10日後、ガンギマリ中出しハメ放題のアヘアヘ肉便器になった…。 一色桃子[動画]

私は、すごく美しい叔母に憧れていて、彼女を自分の思い通りにするために、ネットで媚薬の作り方を調べました。

そして、今年の夏、叔母の家に泊まる機会がやってきました。

媚薬を試すタイミングがやってきたのです。

叔母の目を盗みながら、媚薬を1滴、2滴、3滴、4滴と、少しずつ増やしていきました。

すると、叔母の身体が火照り、吐息が荒くなり、身体をねじらせる様子が見えました。

彼女はもはや正気ではないようでした。

それから10日間、叔母はついに理性を失い、私に襲い掛かってきました。

彼女は私専用の従順な肉便器として変わり果ててしまったのです…。

無料サンプル動画

発売日2023-06-23 10:00:31
収録時間120
シリーズ憧れの叔母に媚薬を盛り続けて10日後、ガンギマリ中出しハメ放題のアヘアヘ肉便器になった…。
ジャンルハイビジョン、独占配信、単体作品、汗だく、熟女、ドラッグ、人妻・主婦、中出し、デジモ
女優一色桃子
レーベルMONROE
品番roe00132
価格350~

作品レビュー

一色桃子は普段の姿は美しくセクシーだが、強いフェロモンや女性臭を発しているわけではない。しかし、絡みになると、どんな淫乱女優でも最高の表情を見せるので、そのギャップにいつも驚かされるのだが、今回の彼女は変則的に淫乱で、以前とは違う表情で絡んでくる。甥が訪ねる未亡人の叔母は浴衣などの普段着で、AVにありがちな露出度の高いミニスカートや胸の見えるシャツを着ていないのが嬉しい。自然体で甥っ子をもてなす微笑ましいおばさんを演じている。挑発的な仕草もない。本当にいいおばさんなのだ。ここが重要なのだ。叔母を慕う甥は、媚薬で叔母を好きになる。ここで効果的なのは舞台設定だ。花火、浴衣、畑、木造家屋、扇風機......夏休みの雰囲気。それにクーラーのいらない風通しのいい家。暑い夏、絡みの際の汗の効果が発揮され、おばさんを夢中にさせる媚薬とともに夏の季節感も感じられる。媚薬の効果は絶大で、彼女の人格や神経まで破壊してしまう。眠りから覚めた一色桃子叔母さんの顔は息苦しく、目の焦点は定まらず、体は震え、嗚咽する。カメラは長い時間をかけて、彼女の体の異常な状態をクローズアップする。脚はすでに大きく開いている。甥との痴態は続くが、すでに最初から叔母は媚薬で狂っている。これは危険なレベルの精神状態だ。甥の叔母に対する感情は肉欲的には満たされるが、愛情では報われない。叔母は完全に無感情の中毒者となる。彼女は自分だけを欲する娼婦なのだ。一色桃子はこの狂気的な役を感情のかけらもなく演じているが、ポルノ映画の中でこの難しい立場を確立させたセンセーショナリズムは見事だ。優しい笑顔の叔母と、しつこい笑顔の甥の違い。叔母は執拗に甥をせめるが、それは叔母自身、麻薬の影響ですでに自覚していることではなく、ましてや甥が望んでいることでもない。淫靡な作品ではあるが、ドラマとして見ると虚しさが残る。淫らで完全に堕落したタイプの作品に多く出演している一色桃子が、媚薬による狂気を完璧に演じており、他作品との差別化を明確に印象づけている。個人的には、このおばさんどうなるんだろうと心配しつつも、甥っ子に「こんないい女に何をしたんだ」と言いたくなった。それほど女優の演技は真実味があった。

桃子がテーブルの上に拘束され、乳首を吸われるシーンは最高に興奮した。桃子のまだ発育途中のピーチパイを吸われる。私はこのシーンで桃子に射精を捧げた。桃子がテーブルに拘束されてペニスをしゃぶるシーンも良かった。彼女は本当に美しく、私は桃子が大好きだ。

一色桃子女王様の6月の作品です。彼女の演技は素晴らしい。彼女の壊れ方は信じられないほどで、MADONNAのエースです。素晴らしい作品をありがとうございました。

媚薬で壊れる桃子。エロさはいつもの10倍。こんなエロくて美しい桃子さんに攻められたい。

サンプル画像

叔母の家での媚薬試しの結果

美しい叔母に対する憧れから、私はネット情報を頼りに媚薬を作る決心をした。

そして、今年の夏、叔母の家に宿泊する機会が巡ってきた。

この機会を逃すわけにはいかないと、私は媚薬を試す準備を整えた。

叔母の気付かぬうちに、私は媚薬を彼女の飲み物に混ぜ込んでいった。

最初は1滴、2滴、3滴と徐々に量を増やし、彼女の体に作用させていった。

すると、叔母の身体は次第に火照り始め、吐息も荒くなってきた。

その後、媚薬を盛り続けるたびに、叔母の身体はますます激しく反応し始めた。

彼女の身体がねじれ、理性を失ったような様子を見せていた。

これまで見たこともない叔母の姿に、私は興奮と少しの罪悪感を感じながらも、彼女がどのような変化を遂げるのか興味津々で観察を続けた。

驚くべきことに、媚薬が彼女の心と身体に与えた影響は長期的であった。

10日間が経過した時点で、叔母はついに理性を失い、暴走し始めた。

彼女は私に襲い掛かってきたのだ。

叔母は以前とはまったく異なる存在となっていた。

彼女は私に対して従順で、快楽を求める欲望に支配されていた。

彼女は私の専用の肉便器としての役割を果たすことになり、私の要求に逆らうことなく奉仕するようになった。

これ以降、叔母は私だけのものとなり、欲望のままに操ることができる存在となった。

私はこの秘密を守り、他の人には知られないようにしようと決心した。

叔母の家での媚薬試しは、思った以上の結果をもたらした。

美しい叔母が私のものとなり、私の性的欲望を満たしてくれるようになったのだ。

叔母の理性喪失による衝撃の展開 憧れの美しい叔母を思い通りにする為、ネット情報を元に媚薬を作った。

今年の夏、叔母の家に泊まる事になり媚薬を試す時がやって来た。

叔母の目を盗み、1滴、2滴、3滴、4滴、少しずつ量を増やして盛り続けた。

身体が火照り、吐息が激しくなり、身体をねじらせる叔母は、もう正気ではなさそうだ。

そして10日間、遂に理性を失った叔母が襲い掛かってきた。

それから叔母は、僕専用の従順な肉便器と化して…。

なんとも衝撃的な展開が待っていた。

思いを寄せていた美しい叔母が、媚薬のせいで理性を喪失し、狂気の状態に陥ってしまう様は、まさに恐怖そのものだ。

その一滴一滴の媚薬が、彼女の心を乱し、体を狂わせたのだ。

叔母の身体は次第に熱を帯び、徐々に変化が始まる。

吐息が激しくなり、痙攣するようにカラダをねじり始める叔母の様子は、まるで別人のようだった。

彼女はもはや正気ではない。

媚薬が彼女の心を侵食し、理性を奪ってしまったのだ。

それから10日間、叔母は目覚めるとすぐに、何処かから受け取った命令かのように、僕の元に向かってくる。

彼女は身体に快感を追求するばかりで、従順な肉体と化してしまった。

叔母は僕の欲望のままに、淫らな行為を行う肉便器となったのだ。

この出来事は、僕にとっては衝撃的な経験だった。

初めて手に入れた、理想的な女性像が、媚薬のせいで狂気の道へと堕ちてしまったのだ。

彼女の様子がどんどん変わり、理性を喪失していく様子を目の当たりにし、僕は何が正しいのかを見失ってしまった。

この恐怖の展開は、一瞬の遊び心が引き起こした波紋だった。

媚薬という禁断の物質は、人間の心を揺さぶり、狂気へと導いてしまう。

そして、見えない暗闇の中で叔母は再び欲望にまみれた存在となり、永遠の肉便器として存在し続けるのだろうか。

それとも、この悪夢から逃れる方法はあるのだろうか。

一度崩れた理性は二度と戻らない。

この叔母の従順な肉便器としての運命は、永遠に続くのかもしれないと思うと、胸には積み重なる後悔と罪悪感が強く押し寄せる。

これ以上の悲劇を起こさせないためにも、この衝撃的な展開は、忘れることができない出来事となるだろう。

私たちは、絶望の中で生きることになるのかもしれない。

それが唯一の救いなのかもしれない。

おすすめの記事