[AVレビュー]‘1秒たりとも視線が離せない’ 妻の実家で胸チラ誘惑する義姉と危険な中出し性交ー。 小松杏[動画]

三回忌の法事のために妻の実家に久しぶりに訪れた私たち夫婦。

しかし、実際には法事というよりも、義姉夫婦が私たちを招待してくれた気楽な帰省旅行でした。

ただし、最近私たちの関係は冷めてきており、倦怠期に入っていました…。

そのため、義実家で時間を持て余す私は、義姉の杏さんの無防備なピンク色の突起に目を奪われていました。

それに気づいたのか、杏さんは私を誘惑するように緩い胸元を見せつけてきたのです…。

無料サンプル動画

発売日2022-09-23 10:00:17
収録時間116
シリーズ---
ジャンルハイビジョン、独占配信、中出し、デジモ、単体作品、人妻・主婦、胸チラ、熟女、貧乳・微乳
女優小松杏
レーベルMadonna
品番juq00105
価格300~

作品レビュー

スレンダーだが、大人の艶やかな "女 "のフェロモンを漂わせている。胸は小さいが、他の女優にはない色気がある。素晴らしい。腰の使い方や毛深いアソコがとても魅惑的。

そんな誘惑がたまらない。小松アンは最高です。星5つでは足りない。

他の作品でもそうだが、壇蜜のような雰囲気の女優さんなので、こんな女性が現実に近くにいたら、こんなストーリーが展開しそうな気がする。

前作に引き続き、誘惑作品に小松杏が登場する。前作は「ささやくような秘密の言葉」だったが、今作は「胸の媚び」なのでセリフは少なめ。低姿勢で話す彼女にぴったりの台本だった。何より、アンの演技そのものがぎこちなくなくなく、表情も自然である。男役が亀治郎であることも大きいと思う。やりとりに集中力が増し、エロティシズムが飛躍的に増した。誘惑してキスをするシーンでもためらいがない。彼女が素晴らしいビジュアル女優であることは言うまでもない。本作のように終始アグレッシブなやりとりが魅力的なのはもちろん、受動的な色気もエロティックで、ついにプロのAV女優の域に達したという印象だ。また、本作のカメラワークは秀逸で、胸のアングルやアンの美しい顔をアップで楽しむことができる。

サンプル画像

無防備なピンク色の突起に惹かれる 義父の三回忌で久しぶりに妻の実家へと訪れた僕たち夫婦。

法事なんて言うものの、実際は実家に帰らない僕たちを義姉夫婦が招待してくれた気楽な帰省旅行。

ただ最近の僕たちの仲は倦怠期で冷めつつあって…。

そんなワケで義実家で暇を持て余す僕は、義姉の杏さんの無防備なピンク色の突起につい視線を奪われていたのだが…。

彼女は着ているスポーティなTシャツが、まるでその挑戦的なピンク色の乳首を強調しているかのようだった。

自分でも信じられないほど、無自覚に杏さんの胸元を見つめてしまっている自分に気づき、苦笑いがこぼれた。

しかしそれを察知したのか、彼女は僕に誘惑的な微笑みを浮かべつつ、意図的に胸元をさらけ出してきた。

彼女の豊かな胸からあふれんばかりの谷間。

その中央にある小さな突起は、まるで招き猫のように僕を誘っているかのように見えた。

そのピンク色の突起が目に焼き付いてしまい、僕は自分の欲望に抗うことができなくなってしまった。

杏さんは胸元を強調する動きを続けながら、今度は僕の方に近づいてきた。

その近さに彼女の甘い香りが鼻腔をくすぐり、さらに僕の欲望を煽っていった。

彼女の誘惑はますます強く、僕の心は乱れていくばかりだった。

義実家の中での出来事だったが、杏さんの無防備な挑発に対して僕は抗うことができなかった。

肉体的な関係に発展するのが目に見えるほど、彼女の誘惑が激しくなっていく。

この禁断の関係を続ければ、家族の関係が壊れてしまうのは目に見えているが、どうしても彼女から離れられない自分がいた。

その結果、妻との関係が更に冷めてしまい、夫婦仲はますます悪化してしまった。

無防備なピンク色の突起に惹かれ、禁断の関係に身を投じた僕の心の葛藤と罪悪感。

この一瞬の欲望によって、人生の全てが狂ってしまったのだった。

心を奪われる緩い胸元 義父の三回忌で久しぶりに妻の実家へと訪れた僕たち夫婦。

法事なんて言うものの、実際は実家に帰らない僕たちを義姉夫婦が招待してくれた気楽な帰省旅行。

ただ最近の僕たちの仲は倦怠期で冷めつつあって…。

義実家での暇な時間を持て余す僕は、義姉の杏さんの無防備なピンク色の突起につい視線を奪われていたのです。

彼女の緩い胸元がどうにも目を引いてしまい、我慢できなくなっていました。

しかし、気付いたのか杏さんは僕の視線を感じ取ったのか、彼女は僕を誘惑するように、緩い胸元を見せつけてきました。

その姿には妖艶さが漂い、それがさらに僕の心を奪っていきました。

ふとしてしまった気持ちの揺れに戸惑いながらも、杏さんの誘惑に抗えなくなってしまいました。

倦怠期にあった僕たちの関係が一変し、再び情熱が湧き上がってきたのです。

しかし、この禁断の関係には多くの困難が待ち構えていました。

夫婦としての義務や家族の絆、そして周囲の目など、様々な壁が我々を分断しようとしています。

一時的な欲望に身を任せることで得られる快楽と、その後に待ち受ける運命的な結末。

僕は葛藤に苦しみながらも、杏さんとの関係をどうするべきなのかに頭を悩ませています。

この緩い胸元が僕たちの未来を変えるきっかけとなるのか、それともただの一時の情事に終わってしまうのか。

それは僕たちにしかわからない真実です。

心を奪われる緩い胸元の誘惑が、僕と杏さんの愛の行方を決定づけるのでしょうか。

それを見守る他ない僕たちの運命が、いま動き出す時を待っています。

おすすめの記事