[AVレビュー]憧れの叔母に媚薬を盛り続けて10日後、ガンギマリ中出しハメ放題のアヘアヘ肉便器になった…。 友田真希[動画]

私は美しい叔母に憧れており、彼女を自分の望むようにするためにインターネット情報を使って媚薬を作成しました。

そしてこの夏、叔母の家に泊まることになり、媚薬を試してみることにしました。

叔母が気づかないうちに、媚薬の量を徐々に増やしていきました。

彼女の体が熱くなり、息遣いが荒くなり、身をよじらせる様子を見ると、彼女はもはや正気ではないようでした。

夏祭りの夜、ついに叔母は理性を失い、私に襲いかかってきました。

それ以降、叔母は従順で私のためだけの性奴隷になってしまいました...。

無料サンプル動画

発売日2022-09-23 10:00:43
収録時間119
シリーズ憧れの叔母に媚薬を盛り続けて10日後、ガンギマリ中出しハメ放題のアヘアヘ肉便器になった…。
ジャンルハイビジョン、独占配信、人妻・主婦、ドラッグ、熟女、デジモ、単体作品、中出し、汗だく
女優友田真希
レーベルMONROE
品番roe00103
価格300~

作品レビュー

モンローは近親相姦モノが多いので敬遠していたのだが、サンプルを見てこれだと思い購入。予想通り大当たりで、真木さんの演技に圧倒されました。媚薬を飲まされて感度が高まるシーンの演技はリアルだし、極限まで達して性欲モンスターと化したときの壊れっぷりは、キカタン女優時代を彷彿とさせる。後世に残る名シーンになると思う。ベッドに寝たままハードコアな腕内手コキという難題を躊躇なくこなす真木の女優魂に感心した。真木の最高の姿が見られるこの作品は、見る価値も買う価値もあると思う。シリーズ化されると思うが、この作品を超えるものは出てこないと思う。それほど真木は素晴らしかった。

演技力はさすが。冒頭からラストまで、男を求める姿、友田が背中に座ってキスをする姿、どれをとっても一流の演技である。

初めてこの映画を観たときは、全編を通して真木の身体の美しさとその見せ方に畏敬の念を抱いた。ラストは「ちんちんちんちん」と叫びながら、女性の上で激しく腰を振り続けた。ラストは「チンコチンコチンコ」と叫ぶ真希の声で、女性の上で腰を振り始める。

二人のキスがうらやましかった。とにかくエロかった。つの絡みシーンもいいが、その間のイメージシーンやオフシーンも素晴らしい。友田さんは表情の作り方など演技がうまいだけでなく、今回はエクササイズや編集も素晴らしかった。2022年の友田真希の最高傑作になる予感がする。

サンプル画像

理性を失った叔母が夏祭りの夜に襲い掛かる

夏祭りの夜、襲い掛かる叔母の理性の喪失 ある人物は、美しい叔母に対する強い憧れを抱いていました。

彼は、叔母を思い通りにするために、インターネットの情報を頼りに媚薬を作りました。

そして、待ちに待った夏の訪れと共に叔母の家に泊まることになり、媚薬を試すチャンスが訪れました。

彼は叔母の目を盗みつつ、少しずつ媚薬を盛っていきました。

1滴、2滴、3滴、4滴と、徐々に量を増やしていきます。

すると、叔母の身体が火照り始め、吐息も激しくなりました。

身体をねじらせる叔母の様子からは、もはや正気ではなくなっているように見えました。

そして、遂に夏祭りの夜、叔母は理性を完全に失った状態で主人公に襲い掛かってきました。

彼女はもはや、動物のような本能的な欲望に支配されていました。

叔母の本来の面影はなく、彼女はただただ快楽を求めて主人公に襲い掛かりました。

その後、叔母は完全に理性を失い、従順な僕専用の肉便器と化してしまいました。

彼女は自身の快楽のために手段を選ばず、主人公に対して恐怖と興奮を同時に与えました。

この壮絶な出来事は、叔母と主人公の関係に暗い影を落とすこととなります。

かつての美しい叔母は、媚薬という禁断の力によってただの快楽の道具と化してしまい、主人公の心に深い傷を残しました。

この物語は、夏祭りの夜に起こった恐るべき事態を通じて、倫理や道徳に触れ、理性の喪失が引き起こす破滅を描き出しています。

叔母と主人公の関係は、快楽の追求がもたらす脅威と、人間の本来のあり方を問いかけるものとなっています。

媚薬を使って叔母の反応を試す夏の日

美しい叔母を思い通りにするために、ネット情報を元に自作の媚薬を作りました。

そして、今年の夏、叔母の家に泊まる機会が訪れ、媚薬を試す時がやってきました。

周囲には誰もいない夜の静かな部屋で、叔母の目を盗みながら、ゆっくりと媚薬を数滴ずつ増やしていきました。

媚薬を盛り続けるうちに、叔母の身体が火照ってきました。

彼女の吐息が激しくなり、身体をねじらせるようになりました。

明らかに叔母は、正気を失いつつあるようでした。

私は興奮と緊張で身体が震えましたが、目の前で起こる奇跡的な変化に興奮も覚えました。

そして、夏祭りの夜、叔母はついに理性を失いました。

彼女は私に襲いかかってきました。

猪突猛進で、私への欲望を抑えることができない状態になっていました。

私は叔母の襲撃に驚きましたが、同時に興奮も覚えました。

彼女の欲望と我慢できない衝動は、媚薬の効果によるものでした。

以降、叔母は私に対して従順になりました。

彼女は私の肉体的な快楽を提供するために存在しているかのようになりました。

私の専用の肉便器として、叔母は自らの快楽を取り戻しました。

私たちはこの秘められた関係を夏の日に楽しむようになりました。

おすすめの記事