[AVレビュー]汗ほとばしる人妻の圧倒的な腰振りで、僕は一度も腰を動かさずに中出ししてしまった。 佐田茉莉子[動画]

真夏の記録的な猛暑が続く日に、私はバレー部の練習中に右肩を痛めてしまいました。

そこで、友人のお母さんである茉莉子さんにマッサージをお願いすることになりました。

初めてお会いした日から、茉莉子さんは大人の色気を漂わせていて、私は彼女に対して叶えられない淡い恋心を抱いていました。

そんな思いを胸に秘めながら、マッサージを受けることになりましたが、茉莉子さんが私の上にまたがってきた瞬間、なんと私は勃起してしまいました。

茉莉子さんは私の欲望を見抜いたかのように、妖艶な笑みを浮かべながら私に迫ってきて…。

無料サンプル動画

発売日2022-09-23 10:00:11
収録時間164
シリーズ一度も腰を動かせずに射精してしまった。
ジャンルハイビジョン、独占配信、中出し、デジモ、人妻・主婦、熟女、騎乗位、単体作品、汗だく
女優佐田茉莉子
レーベルMadonna
品番juq00100
価格300~

作品レビュー

真理子は水を得た魚のように、生き生きとしていて、随所で満面の笑みを見せてくれて、アダルトビデオなのに見ていて気持ち良かった。真理子にはこういう痴態が一番似合うし、本領を発揮していると思う。小山監督が演出した痴女行為も多いのだが、マリコのアイデアも入っているのではないかと思うほど完成度が高い。その最たるものが、エステティシャンのマリコの発案と思われるラストのアロマオイルプレイ。男優に手マンをさせ、乳首を舐めさせながらチンポで足コキをするシーンは、この映画の一番の見どころだ。その後、騎乗位で「アソコが痙攣してる」と言いながら乳首を勃起させてイキまくる。痴女プレイの数々に圧倒され、これぞ佐田真理子の真骨頂だと思う。ドラマチックな要素をふんだんに取り入れた小山作品のために、マリコをメインに絡めて書いたと思われる完成度の高い痴女作品。

久々の痴女役。そう、可愛くて従順な好青年で巨根、そう、女王様のマリコだって逆三角形の上半身に小顔、そして巨根なのだ。SOD時代を彷彿とさせる痴女プレイはすでに素晴らしかったが、サタマリの最高傑作と言われるデビュー作で見せた腰のグラインド感はそれ以上。挿入時の股間の感触、うん、エロい。それに言葉責め、すごすぎて、それだけで気持ちよくなっちゃうかも。好きなように動けるし、不快なシーンもないし、すごく興奮したし、すごく気持ちよさそうだった。回目は、熟女臭のするブラを落として誘ってきて、服を着たまま挿入し、ブラを外して裸とは違う乳首を見せてくれた。ブラジャー越しに見える乳首は、全裸とはまた違ったエロさがある。

タイトル通り、マリコの腰がめちゃくちゃ揺れる!通常の上映時間より長い2時間30分以上も腰を振り続ける。腰が心配で心配でたまらなかった。私はマリコの腰がとても心配だった。しかし、汗を流しながら腰を振る姿は美しく、エロさも全開でVeryGoodな作品に仕上がっている。

早送りせず、悪者になったつもりで見てください。マリコの揺れる腰に慰めてもらいましょう。

サンプル画像

友人の母・茉莉子さんにマッサージをお願いすることに

茉莉子さんは友人の母で、私がバレー部の練習中に右肩を痛めたことを知り、マッサージをしてくれることになった。

茉莉子さんは初めて会った時から、大人の色気を纏った魅力的な女性だった。

私は彼女に対して淡い恋心を抱いていたが、それは叶うことのないものだと自覚していた。

マッサージを受けるために私は茉莉子さんの家を訪れた。

心の中でドキドキしながら、彼女の手技に身を委ねることにした。

しかし、茉莉子さんが私の上に跨ってくるとき、私はあろうことか勃起してしまった。

恥ずかしい思いをしている私を見て、彼女は妖艶な笑みを浮かべながらより近づいてくるのだった。

私は茉莉子さんの魅力の前に抗うことができなかった。

彼女の色香に誘われるまま、私は彼女と肉体関係を持つことになった。

この状況に戸惑いながらも、僕は茉莉子さんの魅力に抗えず、彼女の誘惑に身を任せた。

彼女の体温が感じられる距離で、僕は彼女の存在にすっかり魅了されてしまった。

茉莉子さんとの関係は友人の母親という枠を超え、情熱的な逢瀬を重ねることとなった。

茉莉子さんとの関係の進展により、僕は大人の恋愛の世界に引き込まれていった。

彼女の色香と魅力的な笑顔に魅せられる日々が続き、心の中では茉莉子さんに対して深い愛情を抱いていた。

しかし、この関係は周りや法律といった現実との間に大きな壁が立ちはだかることも理解していた。

そんな中で、茉莉子さんとの関係をどう進めていくべきか、僕は真剣に考える必要があった。

茉莉子さんの存在は、僕にとって大きな刺激となり、この恋心は現実の世界では叶えることができないとわかっていても、毎日を夢中で過ごすことができた。

彼女の魅力に振り回されながらも、彼女との関係がどのように進展していくのか、そして僕たちが持つべき未来は何なのか、その答えを見つけ出すためにも、大きな決断が迫られる時がやってくるのかもしれない。

おすすめの記事