[AVレビュー]学生時代のセクハラ教師とデリヘルで偶然の再会―。その日から言いなり性処理ペットにさせられて…。 森沢かな[動画]

夫との幸せな生活は、結婚して数か月経ったある日を境に一変しました。

夫の勤め先が倒産し、彼は失職してしまったのです。

私は残されたローンを返済するため、昼の仕事とは別に夜の店で働くことを決めました。

ある日、新しいお客さんから呼ばれて彼の家に向かったのですが、その人の顔を見て衝撃を受けました。

彼は学生時代に私にセクハラをした教師、今井だったのです。

今井自身は私に気付いていなかったため、私は安心して早く仕事を終わらせようとしましたが、それは今井が仕掛けた罠でした。

無料サンプル動画

発売日2022-09-09 10:00:18
収録時間120
シリーズ学生時代のセクハラ教師とデリヘルで偶然の再会─。その日から言いなり性処理ペットにさせられて…。
ジャンルハイビジョン、独占配信、デジモ、キャバ嬢・風俗嬢、単体作品、熟女、美乳、寝取り・寝取られ・NTR、人妻・主婦、期間限定セール
女優森沢かな(飯岡かなこ)
レーベルMadonna
品番juq00090
価格500~

作品レビュー

個人的には、もっとストイックな肉体の方が好きだ。しかし、映画のためとはいえ、熟女が女学生の格好をさせられ、私は18歳ですと言わんばかりの精神的屈辱と、まるで処女のような揺れ方に何度も憤慨した。その女優は、ディズニー映画に出てくるお姫様のような圧倒的な美魔女だ。輝く肌は透き通るように白く女性的で、ネットリと吸い付くような挿入感は想像に難くない。それにしても、こんなチャラチャラしたかわいこちゃんに振り回されたら発狂してしまいそうだ。

色白で肌がきれいでプロポーションがよく、憂いを帯びた表情をしている。物静かで清楚な印象だが、妖艶なセクシーさも見せる。声も素敵だ。それなりにキャリアの長い彼女だが、ますます美しくなっている。ストーリーはシリーズで同じ。構成もほとんど同じ。ラストシーンは2回目の愛の営みだが、擬似中出しなのでどうでもいい。ただ気になるのは、フェラ(口内射精)に代役の男優を使っているのだが、声量も勢いもイマイチ。射精するだけなんだから、まともな男優を使ってほしい。ラストシーンの中出しに続き、最終ラウンドが腹射ちのダブルフェラなのが残念。最後にベロフェラが見たかった。もったいない。

このシリーズは好きでよく買います。前作のレビューでも触れたが、初婚の女性が突然生活が苦しくなり、しぶしぶ風俗で働き始めるというストーリー。この業界で長年活躍している20代の森沢カナは、若い頃はかなりスレンダーだったが、最近はスレンダーになってベテラン女優の貫禄が出てきた。大人しくて物静かな女性で、天真爛漫な若妻という役柄はちょっとアンバランスな感じがする。

人妻になった加奈さんも見てみたい...。ほっぺたをチンポでふさがれ、ハーモニカを吹き始める...。そしてアナル舐め、マンコ舐め...。彼女は美しい体をしている...。学生時代にはできなかった...全部楽しんじゃう...。妹の反応を楽しむセクハラ教師...いやぁ...。人生で一番楽しい...最高に楽しんでる!カナも...。どんどん淫らにムラムラしてくる...。セクハラ教師のチ○ポを自ら求めていた...。そしてセクハラ教師に責められ、感じまくり、喘ぎまくり...。そして彼女は濡れていく...ああ、なんてこった...学生時代からセクハラされてもおかしくないほど淫らな女だった!

サンプル画像

ローン返済のため、私が夜の店で働くことになった

夫の会社の倒産により、私たちは一転して経済的に困窮しました。

私は返済期限が迫るローンを一人で抱えることになり、絶望感に襲われました。

昼職だけでは返済することができず、私は困難な選択を迫られました。

一方で、私は夜の店での仕事についても検討しました。

夜の店での働きは、多くの人々にとってはタブー視されがちですが、私にとっては返済のための手段であり、決して軽んじるものではありませんでした。

そして、ある日、私は夜の店で新規の客に呼ばれました。

彼の顔を見ると、なんとあの学生時代にセクハラ行為を働いていた教師・今井でした。

私は驚きと共に不安を感じましたが、彼は私に気付いていないようでした。

私は今井との過去の出来事を思い出し、心の中で快くは感じませんでした。

しかし、ローンの返済のためにはどんな仕事でも受け入れなければならないという現実に直面し、決意を固めました。

私は冷静な判断を下し、プレイを手早く済ませることを考えました。

しかし、私の思惑とは裏腹に、今井は私に対して罠を張っていました。

彼は私の過去の秘密を利用し、私を脅迫しようとしていたのです。

私は恐怖と怒りに包まれましたが、返済のためには今井の要求に応じざるを得ないと感じました。

夜の店で働くことは、私にとって生活を維持するための選択であり、誰かにとっては理解しがたいものかもしれません。

しかし、私は返済のために全力で働き、困難な道を乗り越える覚悟を持っています。

おすすめの記事