[AVレビュー]高級ソープに行く為、お金と精子を溜めて1ヶ月後―。爆乳むっちり淫乱寮母に理性が崩壊して、精子が枯れ果てるまで生ハメしまくった!! 風間ゆみ[動画]

「高級ソープランドへの旅行まで、お互い1カ月間お金と精子を溜めることにしましょうね」と友人との約束をした日から、辛い禁欲生活が始まりました。

オナニー大好きな私にとって、1日1日がとても長く感じました。

溜め込んだ精液は触れるだけで飛び出そうな状態で、ギリギリの我慢をしながら旅行の前日を迎えましたが...。

禁欲を解禁した私にとってはあまりにも刺激的なことが起こりました。

寮母さんの巨乳と豊かなお尻を目撃してしまったのです。

極限の状態にあった私は、理性を失い、無意識のままに寮母さんと生で性行為をしてしまいました...。

無料サンプル動画

発売日2022-09-09 10:00:07
収録時間116
シリーズ高級ソープに行く為、お金と精子を溜めて1ヶ月後─。爆乳むっちり淫乱寮母に理性が崩壊して、精子が枯れ果てるまで生ハメしまくった!!
ジャンルハイビジョン、独占配信、人妻・主婦、中出し、単体作品、デジモ、熟女、巨乳、キス・接吻、期間限定セール
女優風間ゆみ
レーベルMadonna
品番juq00085
価格500~

作品レビュー

ネタがないのか、マドンナの専属になってから似たような作品を作り続けている。そろそろ専属契約を打ち切るか、他のメーカーに移籍してマンネリ化を脱するべきだろう。本作での由美の演技はエロティックだが、もっとガッツが欲しかった。後半、由美は単なる痴女になってしまった。また、男優の勃起度が低く、チンコが頻繁に抜けるシーンには正直ガッカリした。次回は、もっと元気な男優と、由美と男優の真剣な関係を見たい。

コメディタッチでやってもらったらいいと思う。マドンナ専属の由美と俳優のシーンも見たかった。

しゃべり 4声 5反応 3淫乱 5由美には「淫乱」という言葉がよく似合う。短いフェラチオシーンでも、彼女の淫らさがよくわかる。

一ヶ月の禁欲生活を経て、エプロン付きのタイトなミニスカートと丸々とした巨尻のTバックは伊達ではない。嫌だと言いながら少しずつ脱がされ、全裸にされていく天然おばさんが可愛すぎる。巨乳、丸い乳首、ぽっこりお腹、大きなお尻、丸い陰毛という最高のスペックを持っている。授乳も手コキもフェラもおっぱいフェラも得意中の得意。最も刺激的な役は、痴女役というより、恥ずかしく羞恥的な性交で感じ、喘ぐ寮母の由美だ。由美は本当に性的に魅力的だ。神作である。

サンプル画像

「ザーメンが溢れそうなまま、禁欲を乗り越えた最終日とは?」 友人との約束から始まった、過酷な禁欲生活。

我慢する日々の中で、僕は欲望の限界に立たされた。

触れることなく溢れそうなザーメンを鎮め続け、遂に旅行の前日を迎えることができた。

しかし、禁欲明けのその日に、僕はある出来事に遭遇してしまう。

それは、寮母さんの驚くべき爆乳と爆尻だった。

極限状態の中で、理性は吹き飛び、僕は寮母さんとのまさかの生セックスに身を任せてしまったのだ。

まさかの事態に驚きながらも、僕は寮母さんの身体から溢れる快感に酔いしれる。

禁欲生活の間に抑え込まれた性欲が解放され、これ以上ないほどの興奮を覚えた。

寮母さんの柔らかい肌、張りのある胸、豊満なヒップ――全てが、我慢してきた僕の欲望を満たすために存在しているかのように感じられた。

禁欲の苦しみとは裏腹に、これほどまでに満足感を得ることができるとは思わなかった。

しかし、その喜びもつかの間だった。

禁欲生活を終えたばかりの身体には、あまりにも強烈な快感が押し寄せてきた。

睡眠不足と性欲の解放によって、身体は疲労の極限に達していた。

心地良い疲労感と甘美な快楽が襲い掛かり、僕は倒れ込んでしまった。

次に目覚めたのは、寮母さんに見つかった状態だった。

あまりの絶頂に、意識を失っていたのだろう。寮母さんは驚きながらも、優しく声をかけてくれた。

「大丈夫?無理しないで、ゆっくり休んでね。」彼女の優しさに触れながら、僕は禁欲生活を乗り越えた喜びを実感した。

この経験によって、僕は自制心の大切さを再認識した。

禁欲生活は苦しく苦しい試練だが、その先には快楽と感動が待っているのだということを。

ザーメンが溢れそうなまま禁欲を乗り越えた最終日は、僕にとって一生忘れられない思い出となった。

「極限状態の僕が理性を失い寮母さんに突入する理由とは?」 タイトルからも想像できるように、この物語は主人公が極限の禁欲生活を送りながら、理性を失い、寮母さんに突入してしまう様子を描いています。

物語の始まりは、主人公が友達と高級ソープ旅行への準備として、1カ月間のお金と精子の溜め込みを約束した日から始まります。

この禁欲生活は、主人公にとっては地獄のようなもので、彼はオナニーの虜であるため、一日一日がとても長く感じられました。

とうとう旅行前日になった主人公ですが、禁欲明けの喜びとともに、まさかの出来事が起こります。

彼は寮母さんの爆乳と爆尻を目撃してしまったのです。

それまで抑えこんでいた欲望が一気に解放された瞬間であり、彼の理性は吹き飛んでしまいました。

禁欲状態の結果、主人公が寮母さんに突入してしまうのは、彼が理性を失っているためです。

彼は無意識のままに寮母さんとの関係を持ち、生でハメまくってしまいます。

この行動は彼にとって驚くべきものであり、後悔もしています。

この物語は、欲望と禁欲の間で揺れ動く主人公の心理状態と、極限の状況下での行動の結果を描いたものです。

主人公の理性の喪失と突入行為は、読者に衝撃を与えることでしょう。

この物語は、禁欲という極限の状態や欲望の力について考えさせられるものであり、人間の心の葛藤と限界についても問いかけています。

また、主人公の行動の結果に対する後悔や罪悪感といった感情の描写も、読者の共感を呼ぶことでしょう。

以上が、「極限状態の僕が理性を失い寮母さんに突入する理由とは?」という見出しに関する説明文章です。

この物語は、欲望と禁欲の葛藤をテーマに、主人公の行動とその結果を描いています。

おすすめの記事