[AVレビュー]「口だけならいいよ...」性欲旺盛なデカチンの甥っ子にお願いされ仕方なく13発おしゃぶりごっくんする元ヤリマンの若硬ち○ぽ大好きな叔母さん 美咲かんな[動画]

叔母さんにお世話になりながら就職活動を進めることになりました

私は就職活動のため、しばらく東京にある叔母さんの家に滞在させていただくことになりました。

実は数年ぶりの再会で、叔母さんはとても美しく、妖艶な雰囲気を放っていました。

彼女は大人の女性ならではのセクシーなオーラを感じさせてくれました。

ある日、叔母さんのデニム姿に興奮し、経験豊かな彼女にお願いしてフェラチオをしてもらいました。

その快感はこれまでの経験とは比べ物にならないほど、驚くべきものでした。

叔母さんは巧みな舌技で私を喜ばせてくれ、口の中で射精した後は私の精液をごっくんしてくれました。

それ以来、毎日叔母さんとフェラチオとごっくんを繰り返し、私は就職活動をおろそかにし、快感に身を委ねる日々を送っています。

無料サンプル動画

発売日2023-09-02 10:00:59
収録時間160
シリーズ性欲旺盛なデカチンの甥っ子にお願いされ仕方なく…
ジャンルハイビジョン、4K、独占配信、単体作品、叔母さん、中出し、人妻・主婦、フェラ
女優美咲かんな
レーベルLUNATICS
品番lulu00237
価格1980~

作品レビュー

わかるよ...今までのフェラチオは何だったんだ?うわぁ!憧れのユリちゃんにフェラされちゃって......あぁ......」とうつむく!頭をわしづかみにされ、たまらず口に発射。ゴクゴクと飲み込み、ドキドキが止まらない。彼女は興奮のあまり、「出すぎ......出すぎ。ザーメン出すぎ。と言っていたが、あまりの嬉しさに3発も飲ませてしまった。

サンプル画像

経験豊富な叔母さんのフェラテク 就職活動のため東京の叔母さんの家にしばらく泊まらせてもらうことになった。

数年ぶりに会う叔母さんは美人で妖艶で溢れ出る色気がすごかった。

彼女の存在は私にとって大人の世界への入り口であり、同時に刺激的な新たな体験への扉でもあるのだ。

初めて彼女の姿を眺めた瞬間、私は心の中でドキドキと胸が高鳴った。

大学の女子ではなかなか感じることのできない大人のエロオーラが彼女の身体から溢れ出ているのが感じられた。

そのエロティックな雰囲気に私はつい目を奪われ、彼女のデニム尻に興奮してしまった。

思わず彼女に頼み込み、経験豊富な叔母さんに口で抜いてもらうことをお願いしてしまった。

そして、叔母さんが私の要望を受け入れた瞬間、私の人生は一変した。

これまで経験してきたフェラを全て覆す、信じられないくらい気持ち良い経験が待っていたのだ。

叔母さんの巧みな舌使い、喉奥まで咥え込む緻密なフェラテクはまさに天下一品だった。

彼女の口の中で快楽の極みを迎える度に、私は思わず声を上げ、身をよじりながら快感に溺れていくのだった。

さらに驚くべきは、彼女のフェラ技術だけではなかった。

射精が迫ってくると、叔母さんは私の精液を口内で受け止めてごっくんしてくれたのだ。

その一瞬の行為は何よりも一体感を与えてくれ、私たちの関係をより深めていったのだ。

その日から毎日、私たちはお互いを求め合い、おしゃぶりとごっくんを繰り返すようになった。

私は就活のことなど忘れ、ただ快楽に身を委ねる日々を過ごしていた。

叔母さんの存在が、私の新たな目標となり、彼女との禁断の関係が私の成長を促していくのだ。

経験豊富な叔母さんのフェラテクは、私の人生に一時的な刺激を与えるだけではなく、性的な喜びの枠を超えて私たちの関係を深めていった。

彼女の技術はまさに芸術と言えるほど優れており、私にとって一生忘れられない経験となったのだ。

彼女の存在は私に大人の世界を教えてくれただけでなく、自分自身を受け入れる勇気を与えてくれた。

射精後の叔母さんのごっくんのサービス

東京での就職活動のため、しばらく叔母さんの家に泊まらせてもらうことになった。

叔母さんとは数年ぶりの再会で、彼女は美しく色っぽい魅力にあふれていた。

大学の女子では味わえない大人のエロさが彼女から溢れ出ていた。

叔母さんのデニムに視線を奪われ、つい興奮してしまった私は、彼女に頼んでフェラチオをしてもらうことにした。

これまで経験してきたフェラチオとは比べ物にならないくらい、叔母さんの巧みな舌使いは素晴らしかった。

口内での快感に、思わず射精してしまったが、叔母さんは私の精液をごっくんしてくれた。

それ以来、毎日のようにフェラチオとごっくんを繰り返し、私は就活を二の次にしてしまった。

彼女の口で味わう快感は中毒性があり、我慢できないくらいだったのだ。

就活のプレッシャーなどどこかへ吹き飛び、日々を楽しむことに専念するようになった。

叔母さんは、私が射精した後もサービスが終わりではなく、優しく何度も私を口で満足させてくれた。

その姿は優雅で美しく、さまざまなフェラテクニックで私を魅了し続けた。

私が射精するたびに、彼女は私の精液をおいしそうに飲み込んでくれた。

この期間中、私は叔母さんのフェラチオとごっくんに没頭し、日常生活が混乱してしまった。

就職活動からは遠ざかってしまったが、その代わりに、私は純粋な快楽を堪能することができた。

結局、私は叔母さんとの密な関係を持つことになってしまったが、この時間は私にとって一生の思い出となるだろう。

彼女のフェラテクニックはまさに芸術的であり、そのごっくんのサービスは私の日常生活を変えてしまった。

これまでに経験したことのない興奮と快感を叔母さんの口で味わう日々は、私にとって特別な存在となったのだ。

射精後の叔母さんのごっくんのサービスは、私にとって快楽と癒しの時間だった。

就活に燃え尽きてしまう前に、私は叔母さんの愛情に浸りながら、この特別な経験を満喫することができたのだ。

おすすめの記事