[AVレビュー]種付け代行NTR ~一度きりのはずが…親父と中出しに堕ちた妻の寝取られ映像~ 尾崎えりか[動画]

絶対に跡継ぎにするからというプレッシャーを感じる妻の訪れる度に妻を守ろうとする夫

僕は結婚してからもう3年が経ちました。

妻のえりかとの関係はとても円満ですが、一つだけ悩みがあります。

私が会社を経営していることから、父から跡継ぎの問題でプレッシャーをかけられることです。

父は私にしきりに「まだ子供がいないのか」と尋ねてきます。

私たちは不妊の原因を探るために検査を受けましたが、その結果、私に問題があることがわかりました。

この現実を受け入れることができず、私は検査結果の紙を隠してしまいました。

しかし、ある日、父が私たちの家を訪れた際に、彼は私の隠していた検査結果の紙を見つけてしまいました。

激昂した父は私に対して、「絶対にお前に会社を継がせない」と言いました。

その時、えりかは私を守るために立ち上がりました。

彼女は親父に向かって、「私が父さんの子供を身ごもるから、もう心配しないでください」と言いました。

私はその言葉に驚きましたが、同時に妻の勇気と愛に感動しました。

私たちはこれから一緒に父の期待に応えるために頑張っていく決意をしました。

無料サンプル動画

発売日2023-03-24 10:00:37
収録時間135
シリーズ---
ジャンルハイビジョン、独占配信、単体作品、美乳、熟女、デジモ、中出し、人妻・主婦、寝取り・寝取られ・NTR
女優尾崎えりか
レーベルMadonna
品番juq00220
価格500~

作品レビュー

とても良かった。継父の鬼畜さ、妻の献身的な犠牲、ささやかな抵抗、そして転落まで。久しぶりに満足のいくNTRでした。

尾崎さんの作品は初めて購入しました。キュートなお尻と感じると赤らむピンクの乳首に魅了されました。演技も上手いし、マドンナのしっかりした構成にも引き込まれました。キカタンさんのようですが、他の方の作品に恵まれないようで非常に残念です。ぜひその演技力でマドンナの若妻シリーズを演じてください。

全体的に少し弱い作品に感じました。女優陣の演技自体はそれほど悪くないし、ビジュアルも最強クラス。男優同士のセックスはベタベタしているがあまり迫力がなく、女優陣の演技も最低限という印象。どの章のセックスも、マドンナ作品にありがちな「無難な演技」感があった。特に、最も興奮(熱さ)が必要な最終章のセックスは、単に女性の積極性に頼った安っぽい演技で、出演者の欲望の度合いもそれまでのシーンと大差なかった。映画の終わり方としてはベストではなかった。

また見たいので、この手の話をシリーズ化してほしい。徐々に物語に入っていく女優も良かった。

サンプル画像

検査結果を隠してしまい、親父に見つかる

私は妻のえりかと結婚してから既に3年が経過していた。

私たちの関係は円満で幸せな日々を送っていたが、私にとっては一つの悩みがあった。

それは、私が会社を経営する親父から跡継ぎを早く持つようにとのプレッシャーを受け続けていたことだ。

しかし、私たち夫婦には子供ができず、私が不妊の原因であることが判明した。

この現実を受け入れることができず、私は検査結果の紙を隠してしまったのだ。

しかし、ある日、親父が私たちの家を訪ねてきた時に、その検査結果が見つかってしまった。

親父は検査結果を見た瞬間に激昂し、私に対して絶対に会社を継がせないと宣言した。

私たち夫婦には自分たちで解決策を見つけるしかなかった。

その時、えりかは勇気を出して親父に対して言葉を発した。

彼女は自分が親父の子供を身ごもったと告げたのだ。

私はその言葉に驚愕し、えりかの行動力と愛に感動した。

えりかは私を庇うために、自分の身に起こった奇跡を利用しようとしたのだ。

彼女は親父を説得し、私に会社を継がせてくれるように頼み込んだ。

そして、種付け代行として義父と密会を重ねるうちに、彼の巧みなテクニックに身を委ねてしまいます。

初めは一度限りのはずだったセックスが、えりかの心をも魅了していくのです。

彼女は自分が寝取られてしまったことに気づきます。

 映像では、えりかの内心の葛藤や悔しさ、そして快楽に溺れた表情がリアルに描かれています。

夫とのセックスレスに悩む現代の人妻たちの共感を呼ぶこと間違いなしです。

尾崎えりかの繊細な演技が光る本作は、寝取られジャンルのファンにとっては見逃せない一本です。

ぜひ、尾崎えりかの魅力と、種付け代行という不倫の禁断の関係を楽しみながら、彼女の深層心理に迫ってみてください。

妻が身ごもると言い出す決断

結婚してから3年が経った僕と妻、えりかの関係は円満だった。

しかし、妻の身に降りかかった重い決断によって、二人の人生が大きく変わることとなった。

会社を経営する親父からは、跡継ぎの存在が待ち望まれていた。

毎回の面会では、親父からのプレッシャーがかかり、僕はその重圧に頭を悩ませていた。

しかし、我が子を授かることができないという現実は、僕自身の体に問題があることを示していた。

この現実を受け入れることができず、僕は自分の不妊の検査結果を隠すことにした。

しかし、ある日、親父が我が家を訪れた際に、その検査結果の紙が見つかってしまった。

親父は激昂し、私に会社を継がせることを絶対に許さないと言い出した。

この一連の出来事の中で、妻であるえりかは僕を庇うために、驚くべき決断を下した。

彼女は自分が親父の子供を身ごもると言い出したのだ。

この決断は、僕たち二人の人生に大きな影響を及ぼした。

妻が身ごもることで、跡継ぎ問題は解消されたが、それは同時に、私たちの結婚生活にも変化をもたらした。

妻が身ごもることで、家庭は一層明るくなり、新たな希望に満ちた雰囲気に包まれた。

また、親父との関係も改善され、彼の心からの祝福を受けることができた。

さらに、妻との絆も深まり、二人で未来を共有する喜びを感じるようになった。

しかし、同時に、妻の身体や心には新たな負担がかかることとなった。

妊娠に伴う身体の変化や、将来の不安に向き合うことは、妻にとって決して容易なことではなかった。

この決断によって、私たちの人生は大きく変わった。

妻が身ごもることで、家族の将来は保証されたが、一方で、私たちは新たな試練に直面することにもなった。

しかし、この決断は私たちにとって新たな成長の機会でもあり、未来を希望に満ちたものにしたのだと思う。

妻が身ごもることという決断は、私たち二人の関係にとって大きな岐路となった。

これまで以上に、支え合い、理解し合うことが求められるようになった。

しかし、私たちはこの決断を受け入れ、共に未来を歩んでいく覚悟を持っている。

おすすめの記事