[AVレビュー]妻には口が裂けても言えません、義母さんを孕ませてしまったなんて…。-1泊2日の温泉旅行で、我を忘れて中出ししまくった僕。- 藤かんな[動画]

突然のお願いに困惑したケンくん、旅行までの1カ月間禁欲することになる

ある日、突然お義父さんから頼まれたことがあった。

それは、家族だけで楽しむ予定だった温泉旅行の前に、1カ月間禁欲してほしいというものだった。

お義父さんは、この温泉旅行を利用して、妻との子作りを望んでいたのだ。

しかし、妻は子作りには全く興味がなく、僕から誘っても断られてしまうばかりだった。

そこで、禁欲を続けて溜まりに溜まった欲望をなんとか静めようと、僕たちは温泉へと向かったのだが…、とんでもないミスを犯してしまったのだ。

なんと、間違って女湯に入ってしまったのだ。

そして、偶然にもお義母さんの入浴中の姿を目撃してしまったのだ。

無料サンプル動画

発売日2023-03-10 10:00:40
収録時間119
シリーズ妻には口が裂けても言えません、義母さんを孕ませてしまったなんて…。
ジャンルハイビジョン、独占配信、中出し、温泉、単体作品、デジモ、熟女、人妻・主婦、義母
女優藤かんな
レーベルMadonna
品番juq00196
価格250~

作品レビュー

藤カンナの今月の作品。このシリーズにはシャワーシーンがあります。とても良かったです。素晴らしい作品をありがとうございました。

今、話題の藤さんの作品を買いました。最初の浴槽のシーンは背徳的で拒否反応を示しますが、その割にはあっさり受け入れてしまいます。年齢より年上?年上の女性の経験を生かしたプレイが可能かと。しかし、彼女はそう簡単には受け入れてくれない。自信はなかった。その後のバスルームやシャワーを浴びながらの絡みは、とても丁寧に美しく撮られている。照明もちょうどいい。照明がちょうどよく、暗くして雰囲気を悪くしていないので、本当に美しい。ラストシーンは、フジの背徳感はどこへ行ったのかと思わせるほど強烈だ。ラストシーンは、藤の背徳感はどこに行ったのだろうと思わせるほど強烈だ。キスをするたびに見せる幸せそうな笑顔が印象的だった。バレエで鍛えているのだろう、美しいボディを見ることができて本当に嬉しかった。いつものことだが、最後の最後に服を着たまま求め合うのは不自然すぎると思った。それも二人が別れる前に。せっかく燃え上がった二人なのだから、キスをしながらお互いの服を脱がせるか、自ら脱ぐかしてほしかった。作品としては、藤さんと俳優の相性の良さもあってか、本当に美しかった。小澤さんのキスもいいのだが、ちょっと独りよがりな感じがする。この作品は、藤さんも俳優さんも、美しいキスシーンが散りばめられた素敵な作品でした。

女優さんは初めて見ました。マドンナに今年最も美しい熟女と言わしめた藤カンナ。噂に違わぬ美人だ。歳を重ねても美しさは衰えなさそうだ。松田聖子や北条麻妃を彷彿とさせる。そして、バレエダンサーのようなスレンダーな美ボディ。絹のように白くきめ細かい肌、美乳の下に際立つ肋骨とくびれがセクシーで、どの体位でも興奮を呼び起こす。作品はマドンナの定番シリーズ。演技力も申し分ない。女優の抵抗感をうまく出すのが難しいが、不自然さは感じない。個人的には、第2章の真夜中のバスルームでのシーンが圧巻だった。このシーンではベロキスが多用されるのだが、これが非常にエロい。わずかな理性も蕩けそうなほどエロティックなベロキスで、徐々に変化していく舌の絡み方が堪らない。余談だが、社長室での小澤の雑で汚いキスに辟易している人には、ぜひこのシーンを観てもらいたい。この映画のベロキスは本当にエロい。様々な体位での汗まみれの絡みも、もちろんどれも熱くて最高。興奮しすぎて射精を我慢しすぎてカウパー分泌液が大量に出てしまった。

男優の中田氏までセックスカップルに起用した前作の日下部香菜ver.は、おそらく私のレビューがボツになるほどの酷評だらけだったが、今作は最近のアレンジに比べればマシ。妻帯者だが指輪をするほどでもなく、もう夫婦のセックスも無理そうな老夫の前フリがもういい。多田友佳ver.からの変更点である、婿が嫁に初めてアタックする際に禁欲の事情を話すところも生き残っているが、演技が駆け足で台詞が詰まっている、で、肝心の義母は、義父の命令で嫁を孕ませるために1ヶ月間濃縮した危険な精子を大量に保管しているという危険な情報を入手するわけで、初中出しの際に超濃縮精子に驚く義母に説明するという形で尺を取る可能性がある。孕んだらアウトな状況なのにナカダシセックスを期待する義母の背徳感は、これまでとはかなり違う。ナカダシの演出は全部ありで正解だと思うので、中盤の疑似ファック・イメージシーンもアリ。一方、中途半端な外部射精シーンはいらなかったが、採用するのであれば、せめて精子濃度への言及は必須だろう。後半の二人が旅館に泊まるセックスシーンの方が、無駄な時間制限がなくなるので良い。ただ、2人ともわざと忘れ物をしているようなので、姑が忘れ物を持って誘い、婿が「一緒に探しましょう」と応じるという展開の方がいいかもしれない。中途半端に2人とも受け身なのも物足りないし、ラストシーンも「もう1回」ではなく、1カ月分余った濃縮精子を一滴残らず義母の子宮に注ぎ込むという悲惨な状況を伝えるべきだった。家族が妊娠を疑わないというパターンを排除した結末にしたのは正しいが、それを女優一人の演技だけでまとめようとして難解にしたのは、ママザワ時代の「本番なしでマットヘルスに行ったら、出てきたのは隣の家の自慢の美人妻」という爆笑結末に似ている。豆沢時代の「隣の自慢の美人妻」の爆笑エンディングに似ている。個人的には、つわりで妊娠に気づいた女性の絶望を描いた春花幸男の『夏川海』の方が好きだ。内容的にはイマイチな作品を連発している藤かなだが、デビューしてまだ1年足らずとは思えない安定した演技で、娘の母親というハードルの高い役を見事に演じきっている。パワフルな性交も印象的で、ナカダシ2作目となる女性の膣内でイカされる演技はレベルが高く、今後の成長に期待が持てる。満点には届かないが、近年では最も満足度の高い作品であり、この作品を糧に完成度を高めていってほしい。

サンプル画像

禁欲明けの欲望を温泉で静めるつもりが、思わぬ展開になってしまったというのがこの物語の始まりです。

主人公であるケンくんは、お義父さんから温泉旅行までの1カ月間、禁欲してほしいと頼まれました。

驚いたケンくんは、家族水入らずの温泉旅行に乗じて妻と子作りをするようお義父さんから求められているのだと理解します。

しかし、ケンくんの期待ははずれます。

妻は子作りに興味がなく、彼から誘っても断られてしまいます。

ケンくんは、禁欲明けで溜まりに溜まった欲望をどうにか静めようと思いつき、温泉に向かうことを決めます。

また、温泉というリラックスできる場所で欲望を抑えることができると、自身に言い聞かせるのです。

しかし、温泉に到着したケンくんは、思わぬトラブルに見舞われます。

彼は間違って女湯に入ってしまったのです。

まさかの偶然にも、そこでお義母さんの入浴姿を目撃してしまったのです。

この出来事によって、物語は一気にドラマチックな展開へと進みます。

禁欲明けの欲望を抱えたケンくんの行動に注目しながら、彼の思いが果たされるのか、さらなる意外な展開が待っているのか、読者は物語の続きに興味津々でしょう。

「禁欲明けの欲望を温泉で静めるつもりが…」という見出しは、読者に対して期待感や好奇心を掻き立てる効果があります。

この見出しの魅力に惹きつけられる読者は、物語の展開に夢中になるでしょう。

「偶然にもお義母さんの入浴姿を見てしまった」

僕はお義父さんから突然禁欲を頼まれた。

温泉旅行を楽しむはずが、お義父さんはその旅行を利用して妻との子作りを頼んできたのだ。

一瞬で困惑してしまった。

妻は子作りには全く興味がなく、誘っても断られてしまう。

その欲望を静めるために、禁欲を頑張ってみることにした。

禁欲明けで溜まりに溜まった欲望を抑えるため、温泉に向かった。

しかし、何故か僕は迷ってしまい、間違って女湯に入ってしまった。

入口が不思議なことになっていて、気づいた時にはもう遅かった。

そして、偶然にもお義母さんの入浴姿を目撃した。

その瞬間、僕は言葉にならないほど驚いてしまった。

お義母さんは年齢を感じさせないほど美しい体をしていて、その姿に思わず目を奪われてしまった。

しかし、同時に罪悪感も湧いてきた。

これは完全に偶然だった。

僕の意図とは関係なく、ただの誤算だった。

その後、僕は早々に女湯を出て、お義母さんには何も知られないように振る舞った。

しかし、目の前に浮かぶお義母さんの姿は忘れることができなかった。

それは後になっても私の心を苦しめるものとなった。

今でもその出来事を思い出すたびに、胸の奥がざわついてしまう。

偶然だったことには変わりはないが、それでも自分に対する罪悪感が消えず、何度も反省の念にかられる。

お義母さんとの関係が今まで以上に気まずくなってしまったが、それも当然のことだと思っている。

何よりも大切なのは、お義母さんに嫌な思いをさせないことだ。

 

おすすめの記事