[AVレビュー]あんなに嫌がっていた妻が町内会キャンプにどハマりした中年オヤジとの衝撃的なネトラレ輪●映像 夢乃あいか[動画]

妻に無理やり押し付けてしまった町内キャンプが、彼女にとって心待ちになるほどの楽しみに変わってしまった話

町内で定期的に行われるキャンプがありますが、そこはオジサンが中心と言われており、イヤイヤながらも参加せざるを得ませんでした。

妻はこのキャンプに対して非常に嫌悪感を抱いていましたが、なんだかんだで一緒に行くことになりました。

女性の参加者は私の妻だけで、特にやることもない彼女は飲まされて酔っ払ってしまいました。

テントに戻った時、妻は無理やり襲われてしまい、欲求不満が頂点に達し絶頂を迎えてしまいました。

その後、盗聴データを使われてもう町内キャンプがあると聞くだけで、妻は町内会のオジサンたちに輪姦されるのを心待ちにするようになってしまいました。

このような状況に気付いた時、私は驚くと同時に罪悪感も感じました。

自分の勝手な行動が妻をこんな状況に追い込んでしまったことに後悔の念が湧きました。

妻との関係を取り戻すためにも、私はしっかりと反省し、彼女の気持ちを大切にする必要があります。

無料サンプル動画

発売日2022-12-23 10:00:50
収録時間145
シリーズ---
ジャンルハイビジョン、4K、独占配信、人妻・主婦、不倫、単体作品、巨乳、寝取り・寝取られ・NTR、ギリモザ
女優夢乃あいか
レーベルS1 NO.1 STYLE
品番ssis00648
価格250~

作品レビュー

夢野愛果は、若手怪演女優に引けを取らない。本作ではベテランの経験と技を存分に発揮している。もちろん、愛花の美ボディも健在で、オヤジたちとのねちっこいセックスにハマっていく様は圧巻。

セックスシーンは2シーンだけだが、夢野あいかの極上ボディを存分に堪能できる秀作だ。乳房を揉んだり舐めたりする描写が丁寧なのはもちろん、下半身のむっちり感も抜群に楽しめるし、何より喘ぎ悶える姿が堪らなくエロい。他メーカーの合宿作品のような輪姦シーンはないものの、1対1のやりとりに集中できるのがよかった。ただ、これは女優の力量によるところが大きい。キャンプ初日、白昼のテントで泥酔した男の介抱を任され、男の好き放題に愛撫された後、乳房舐め、指入れで絶頂、クンニで連続絶頂。クンニ、クンニの連続で絶頂。舌上キスもされ、執拗な愛撫に悶え声を上げる可愛い声が堪らない!続いて、テント内での夜のセックスでは、短パンにシャツと寝間着姿の人妻が、エロティックに激しく犯されまくる!舌にキスされ、指で犯されるシーンでは、男のキスに反応するかのように口を動かす。口では嫌がっているが、体は完全に男のキスを受け入れ、ビクビクと狂おしく反応している。声を抑えようとするが、あまりの快感に悲鳴が漏れる。全裸にされ、フェラと乳首責めを奉仕された後、彼女はセックスに突入する。全裸にされ、フェラと乳首責めをされた後、セックスに突入。おっぱいを舐めながらイカされた後は、男の肩に座って舌と舌を絡ませるキスや、結合部分が絶妙なバック騎乗位とエロさ極まりないアングル。おっぱい、お腹、太もも、結合部、顔を使った正常位は最高。ラストはおっぱい発射+お掃除パイズリ&フェラ。日目は別の男に脅され、テントの中で女体を味わう。最後はフェラとパイズリでご奉仕した後、男に手コキされて中途半端に終わる。人妻のがっかりした表情がいい。ここでもおっぱい舐めシーンがかなりエロい。自宅のベッドでのオナニーパートの後、3日目にはまた別の男とテントでセックスするのだが、完全にメス化した人妻は積極的に男と絡んで、ヒィヒィ言わせながらザーメンを出しまくる。ワンピースを脱ぎ終わる前に、男は興奮のあまり女の体をまさぐる。黒いTバック姿のエロい女体がたまらなくセクシーだ!鳴きながら悶え絶頂し続ける69、乳揺れが堪らなくエロい正常位、おっぱいやお尻のアップが見られる騎乗位、犯されてる感抜群の変形バックがオススメ。ラストはフェイシャル+お掃除フェラ。大満足だ。

ミニマムボディに似合わぬ美乳とくびれたウエスト。スタイルもいいし、内容も特に変わったところはないが、期待しないほうがいい。ただ、夢野あいかのエロティックな一面を求めるなら正解。どんどんエロにのめり込んでいく様はたまらない。ラストシーンは、彼女がそこにいてやっているという感じがして最高だった。

夫から「(町内の合宿に)一緒に行こう」と誘われたとき、「ダメ、絶対来ないで」と言ったという。普通、夫が妻に「一緒に行こう」と言われて強く否定するのはおかしいと思う。ラストシーンでは、父のねちっこいセックスにのめり込んでしまったのか、「やめてください」ではなく、自ら求めてしまう。夢野あいか、S1では最年長だが、まだまだ売れる。

サンプル画像

キャンプの度にオジサンたちに輪姦される妻の苦悩 町内で定期的に行われるキャンプイベントに参加する際、私たち夫婦は噂される程にオジサンたちばかりだということを知りました。

初めは私が断ってしまえば良かったのですが、夫の圧力に負けて嫌々ながら参加することになりました。

しかし、その決断が後に私たちの人生に暗い影を落とすことになるとは思いもしませんでした。

キャンプには私以外の女性参加者はおらず、私はただヤルこともなく飲まされるだけの存在でした。

自分自身を満たせないまま、酒に酔ってふらふらになっていた私は、テントの中で無理やり襲われるという恐怖体験を経験してしまいました。

初めは嫌だと抵抗しましたが、意識が飛び絶頂へと昇り、欲求不満な私が快楽に溺れてしまう姿に自己嫌悪の念が広がっていきました。

そして、ある日私は盗聴データを手に入れてしまい、それを脅し材料として使われることになりました。

キャンプが行われるたびに、町内会のオジサンたちに輪姦されるという悲劇的なパターンが繰り返されるようになったのです。

私は自身の意思ではなく、オジサンたちに支配される存在と化していました。

そして、私が気づけば、キャンプが近づく度に私は不思議なほどに心待ちにするようになっていました。

私たち夫婦の関係が冷え切っていたせいか、オジサンたちの輪姦で得られる満足感や快楽が、私の日常からの逃避口となっていたのかもしれません。

それに気づいた時、私は絶望の淵に立たされたのです。

妻でありながらキャンプでの輪姦を心待ちにする存在に変わった私。

このままでは私たちの人生は破滅するだけでなく、私自身も心身ともに壊れてしまうでしょう。

しかし、この悲劇から抜け出す方法は見つけられません。

私たち夫婦の長い闘いが始まりましたが、果たして私たちは解放されることができるのでしょうか。

酒と強制参加…嫌がる妻がテントで襲われる一部始終 町内で定期開催されるキャンプに、オジサンたちが集まるという噂が広まっていた。

しかし、その圧倒的な雰囲気に妻は身を引きたいと感じていた。

しかし、何度も誘われ、無理やり参加させられたことが彼女にとって最大の過ちだった。

キャンプには女性参加者は彼女一人だけであり、特にすることなく酒を飲んで酔ってしまった。

不快で嫌な気持ちが高まる中、旦那との関係も冷え切ってしまっていた。

その状況下で、彼女はテントの中で無理やり襲われてしまった。

欲求不満だった彼女は、あまりにも長らく満たされることのない状況に絶頂へと昇天してしまった。

しかしそれだけでは終わらなかった。

彼女の行動を盗聴してしまった人物によって、そのデータをネタとして脅迫されることになる。

そして、キャンプのたびに町内会のオジサンたちによって輪姦されるという地獄の日々が始まった。

そして、彼女は自分でも驚くほどにキャンプを心待ちにするようになってしまった。

嫌だったはずのキャンプが、彼女にとっては快楽の場となってしまったのだ。

妻が強制的に酒を飲まされ、無理やり襲われてしまうという一部始終は、誰もが想像もしなかった事態であった。

しかし、妻が輪姦されることで欲求不満が解消され、快楽の場としてキャンプを楽しみ待つようになった事実は、衝撃的なものである。

彼女の心の変化はどのような経緯で起こったのか、その真相に迫る必要がある。

おすすめの記事