[AVレビュー]美しい人妻のねっとり甘い接吻と高級ランジェリーSEX 田舎育ちの僕を誘惑する都会暮らしの叔父の妻 菊乃らん[動画]

淫乱な叔母に誘惑されてしまった童貞大学生

都会で大学受験をするため、しばらく叔父夫婦の家にお世話になることになりました。

お世話をしてくれるはずだった叔母のらんさんは、人気シリーズに出演中の絶品巨乳ボディを持つ新人女優でした。

勉強を見てもらうことになっていたのですが、らんさんの大人の色気と高級な下着姿を見てしまい、田舎者の僕は勉強に集中できませんでした。

そんなとき、らんさんが「リラックスさせてあげるわ」と微笑み、近づいてきてしまいました…。

無料サンプル動画

発売日2023-04-28 10:00:50
収録時間118
シリーズねっとり甘い接吻と高級ランジェリーSEX
ジャンルハイビジョン、独占配信、単体作品、人妻・主婦、巨乳、巨尻、キス・接吻、中出し
女優菊乃らん
レーベルFitch
品番jufe00453
価格250~

作品レビュー

またよろしくお願いします。この女優さんはとてもエロいです。また次回作が楽しみです。

ランちゃんのランジェリー姿がとても魅力的で、その後に甥っ子との激しい性交シーンが続きました。ただ、お風呂では全裸でもよかったと思う!

極上の巨乳ボディを持つ新人・菊乃らんが人気シリーズに初登場!東京の大学を受験するので、都内に住む弁護士の叔父夫婦の家にしばらく居候することになった。奥さんの蘭さんが勉強を手伝ってくれることになっていたのだが、蘭さんの洗練された色気と豪華な下着姿でオナニーする姿を見て、田舎者で童貞の私は勉強に身が入らなかった。そんな私に蘭さんは「私が気持ちよくしてあげる」と言って唇を近づけてきて......。コメント】菊乃らんシリーズ第3弾は、人妻に扮する巻。さすが蘭、エロい人妻である。妖艶な技の雰囲気もいい。とても刺激的な内容である。ただ、菊乃蘭のエロボディには「う」の字もないのも事実。まあ、見方を変えれば「良かった」と思うかもしれない。確かにその通りだと思う。

サンプル画像

奥さんのらんさんが勉強を見てくれるが、意外な姿を目撃!

東京での大学受験のため、僕はしばらく叔父夫婦の家にお世話になることになりました。

叔父夫婦の家族は都会暮らしで、特に奥さんのらんさんが僕の勉強を見てくれることになっていました。

ところが、ある日、らんさんの意外な姿を目撃してしまったのです。

その時、らんさんは洗練された色気と高級な下着姿でオナニーをしている最中だったのです。

驚きと興奮が入り混じる気持ちで、私は勉強に集中することができませんでした。

らんさんの姿は本当に魅力的で、そのような風景を目にすることは一生の中で初めてでした。

彼女の美しい姿と官能的な行為に、私は田舎者でありながらも十分な男性としての興奮を覚えました。

しかし、その一方で私は童貞のままだったため、実際の性行為に対する経験や自信はありませんでした。

このような状況下で、私は勉強に集中することがますます難しくなりました。

すると、らんさんは私が勉強に集中できないことに気づき、積極的にアプローチしてきました。

彼女は優しく唇を寄せてきて、「スッキリさせてあげるね」と囁きました。

私は驚きと同時に、彼女の愛情深い言葉に胸が高鳴りました。

らんさんは私が初めての経験をするためのガイドとなり、ある種の性教育を行ってくれることになりました。

彼女の優しさと導きにより、私は初めての経験を迎えました。

それは私にとって非常に特別で意味のある瞬間でした。

奥さんのらんさんが勉強を見てくれると聞いた時はただのサポートを想像していましたが、予想外の展開に驚きました。

しかし、らんさんの優しさとセクシャリティは私の勉強や成長に大きな影響を与えました。

私はらんさんに感謝し、彼女の存在が私の人生に与えた影響を永遠に忘れることはありません。

彼女のような魅力的な女性に出会えたことは、私にとって宝物のようなものです。

唇を寄せられて「スッキリさせてあげるね」と言われて…。

菊乃らんという魅力的な女性が登場するシーンでもあります。

彼女は大学生の僕が東京で受験勉強をするために滞在している弁護士の叔父夫婦の家に住んでいるのですが、叔父の奥さんであるらんさんが僕の勉強を見てくれることになっていました。

彼女の色気と魅力に圧倒され、また彼女が高級な下着を身に着けてオナニーしている場面を目撃してしまいました。

この出来事以降、僕はどうしても勉強に集中することができなくなってしまったのです。

そして、彼女はある時唇を僕の唇に寄せてきました。

その瞬間、僕は彼女の甘い息遣いと彼女自身の魅力に包まれました。

一方で、彼女が僕をどのように「スッキリさせる」と言っているのかは考えさせられるところです。

彼女の意図や思いがどのようなものであるのか、謎が深まっていきます。

この一連の出来事は、僕にとっては初めての経験であり、驚きと戸惑いが入り混じっています。

ただただ彼女の存在に引き込まれ、彼女の言葉や行動に集中し続けました。

彼女の唇が近づいてくると、僕の心臓は高鳴り、興奮が募っていきました。

この状況から、彼女が僕に何かを教えるつもりなのか、それとも彼女自身も同じような思いを抱えているのか、さまざまな可能性が頭をよぎります。

彼女の存在は、僕にとって初めての性的な刺激でもあり、同時に感情の渦に巻き込まれるようなものでもありました。

唇を寄せられて「スッキリさせてあげるね」という言葉は、彼女が僕に何かを与えたいという願望を示しているのかもしれません。

そして、彼女の言葉通りにすれば、僕はこの魅力的な女性に気持ちをリセットしてもらうことができるのでしょうか。

この見出しの場面は、菊乃らんという魅力的な女性が登場してからの物語の展開の一部です。

彼女の存在は、僕の日常が一変するきっかけとなり、新たなる人間関係や経験をもたらしてくれることでしょう。

彼女の唇というシンボル的な要素がこの物語にどのような影響を与えるのか、これからの展開がますます楽しみです。

おすすめの記事