[AVレビュー]転勤で田舎に引っ越した僕は、下の階に住む奥さんに毎日誘惑されて何度も中出ししてしまった… 天川そら[動画]

地方に転勤する事になった僕は何もないど田舎で一人暮らしをすることになった。僕が越してきたアパートの下の階には若い夫婦が暮らしている。奥さんはこの場所には似つかわしくないほど綺麗で物静かな人だった。だけど毎日夜になると下の階からお盛んな声が聞こえてきて…。 ---------------------------------------------------------------------- 2023年8月4日(金)10:00 ~ 2023年9月8日(金)10:00の間にエントリー&対象作品を購入したお客様に特典動画をプレゼント! 購入点数やエントリー登録などキャンペーンの詳細は、特設ページでご確認ください。 【プレゼントキャンペーン概要】 期間中に【50%OFFセール第◯弾】の表記がついた作品を購入すると購入点数に応じて特典動画をプレゼント。 【注意事項】 ・プレゼントを受け取るにはセール期間中に特設ページでエントリーが必要です。 ・セール期間中、第○弾ごとに対象商品は入れ替わります。 ・月額動画はキャンペーン対象外です。 ----------------------------------------------------------------------※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。 特集 ライブチャット 若妻・熟女と楽しめる人妻チャット!

無料サンプル動画

発売日2022-09-30 10:00:48
収録時間159
シリーズ転勤で田舎に引っ越した僕は
ジャンルハイビジョン、独占配信、巨乳、痴女、単体作品、人妻・主婦、寝取り・寝取られ・NTR
女優天川そら
レーベルBeFree
品番bf00674
価格250~

作品レビュー

天川そらちゃんは初めて見たが、ジャケ写以上に美人で、細くて白い肢体に綺麗な巨乳。夫以外とセックスしたことのない美人妻のそらが、他人の竿で巨根の快感にハマっていく。ストーリーは他のシリーズと同じだが、他のレビューでよく言われる結合部の部分は割愛する。ラストシーンでは、そらちゃんが顔を紅潮させて2度目の射精をするのだが、紅潮した顔と白い精液のコントラストが非常にエロい。天川そらが今後どのような女優と共演するのか楽しみである。

彼女の演技と体の美しさは群を抜いている。個人的には前半の受け身の芝居が特におすすめ。地方のくたびれた一軒家の1階にそら夫婦、2階に男優が住んでいる。カメラアングルで最も美しいそらの肉体が映し出され、いきなり全裸でのセックスシーンが挿入される。騎乗位のシーンもバックのシーンも、すべていきなりカットインされ、そらちゃんが積極的に楽しみながら、その姿を最高のスタイルで弄ぶ。特にいいのは、庭から見られていることに気づきながら、夫に言われるままにオナニーするシーン。カメラアングルは男優目線だが、覗かれている臨場感とそらの視線がいい。総じて、彼女の美しい身体をどこで見せるかを考えたカメラアングルが最高である。前半の残りは、のぞき見していた男優に侵入されるところ。演技がうまいので、ここも見ごたえのあるシーンだ。後半は、それまでの受け身のセックスシーンから一転、積極的に誘惑し求めるシーン。このシーンは非常にアグレッシブで生々しい。地方のプライベートスタジオなので、セックスは畳敷きの古民家で布団の上で行われるので、エロさは生々しい。イメージシーンはなく、長い手足とフィギュア並みのボディを堪能しながら、さまざまな体位でそらを愛でることができる。正座、打ち下ろし騎乗位ともに美ボディが映えるカメラアングルと生々しい演技の素晴らしさは圧巻の一言!

不倫ドラマの冒頭、夫しか知らない人妻からフェラチオを受けながら、口からにじみ出る精液の汗を舐める演技では、そらの蠢く肉体が最強の作品となっている。

天川そらが出場していた。よかったと思います!"転職で田舎に引っ越した私は、「シリーズものですよね。見た人の個人的な感想はそれぞれだと思うけど、いいシリーズだと思う!個人的には、天川そらちゃんのふわふわのおっぱいが、つんつんつつかれるシーンが印象的でした!この映画もよく撮れていた。

サンプル画像

毎日お盛んな声が聞こえてきて困惑

田舎に引っ越してきた僕は、下の階に住む若い夫婦がなぜか毎晩お盛んな声を聞かせてくることに困惑している。

奥さんは物静かな印象を受けるが、夜になるとそれは一変し、とても大胆な言葉と喘ぎ声が聞こえてくる。

最初はただの偶然かもしれないと思ったが、毎晩続くこの状況には何かが隠されているのではないかと感じてしまう。

奥さんは町の中でも異彩を放つ美しい容姿を持ち、他の住人たちからも注目されている。

しかし、彼女の夫とは対照的に非常に控えめで物静かな性格をしているように見える。

それだけに、夜になると聞こえてくる喘ぎ声やセクシャルな言葉が、彼女の本当の姿を隠しているのではないかという疑念が頭をよぎる。

僕は初めは単なる妄想ではないかと自分に言い聞かせていたが、その声は次第に鮮明に聞こえてくるようになり、やがて自分自身もそれに引き寄せられてしまった。

夜になると彼らの部屋から漏れる喘ぎ声についつい耳を傾け、それを聞くことで自分自身を刺激してしまうのだ。

そしてついに、我慢できなくなったある夜、奥さんの声に誘われるまま、彼女の部屋に踏み込んでしまった。

彼女は驚いた表情を浮かべながらも、僕を拒むことなく受け入れてくれた。

それからの数か月間、僕は彼女との関係が深まり、何度も彼女の中に中出ししてしまった。

しかし、この関係がいつまでも続くわけではない。

彼女の夫が何かに気付き、僕らの関係を知ってしまったのだ。

一時期、彼に恐喝される日々が続いたが、今はとりあえず落ち着いている。

このような状況に困惑しているのは僕だけではないだろう。

奥さんの本当の姿や、彼女の夫がどのような思いを抱えているのか、この町の他の住人たちも気になっているに違いない。

しかし、彼らにはその事実を知る機会がないかもしれない。

それは、この小さな田舎町ならではの秘密の一つとして存在し続けるのかもしれない。

誘惑に抗えず、何度も中出ししてしまう

引っ越したばかりの僕は、転勤先の田舎で一人暮らしをしていた。

アパートの下の階には若い夫婦が住んでおり、奥さんは美しい容姿と物静かな性格で知られていた。

しかしその静かな印象とは裏腹に、夜になると下の階から激しい営みの音が聞こえてきた。

最初はただの騒音かと思っていたが、次第にその音に興味を抱くようになっていった。

奥さんは何度か挨拶を交わしたことがあり、物腰も柔らかく親しみやすい雰囲気を持っていた。

ある日、偶然にも階段で会った時に、彼女から「ちょっと上がってきてもいいですか?」と声をかけられた。

僕は彼女の部屋に招かれ、驚くほどの美しいインテリアや落ち着いた雰囲気に圧倒された。

彼女が一人で住んでいることに驚きつつも、少し気まずい状況の中で会話を楽しんだ。

しかし、その会話の中で彼女は「私、夜になるとちょっとした趣味があるの」と微笑みながら告白した。

それが、夫婦生活を送ることだった。

彼女は夫と一緒に激しい営みをすることが日課となっていたのだ。

驚きと興味が入り混じった僕は、彼女の誘いに抗えず、彼女の部屋で夫との営みを目撃するようになった。

その光景はまるでエロティックな映画の一場面のようで、僕の心をかき乱していった。

そしてついに、彼女が僕を誘惑してくる日がやってきた。

彼女は抱きついてきて、情熱的なキスを交わし始めた。

我慢できず、僕はついに彼女の誘惑に屈して、何度も彼女の中に中出ししてしまうことになった。

それ以降、僕たちは密かに関係を持ち続けるようになり、彼女の夫には絶対に知られないようにしていた。

しかし、この秘密の関係は僕の心に重くのしかかり、何度も罪悪感に苛まれることとなる。

誘惑に抗えず、何度も中出ししてしまう僕の心の葛藤と罪悪感。

この田舎の静けさが、僕を愛欲と苦悩の狭間に引きずり込んでいくのだった。

おすすめの記事