[AVレビュー]取引先の傲慢社長に中出しされ続けた出張接待。 [森沢かな]

困難な商談に挑む事になってしまったかなの物語

社運がかかった大事な商談が任されちゃったんだよ。

だけどね、ひとつ問題があってさ。

相手の小沢社長っていう人、有名なんだよ。

っていうか、『女好き』で『傲慢』って噂が立ってるんだ。

だからかなに頼んで、なんとかこの契約を成功させてほしいって頼まれたんだ。

社内で一番美人で評判のかなを連れて行って、取引相手を魅了する作戦なんだってさ。

でもね、接待が始まったら上司の佐藤はなんだかへりくだってしまって、かなだけがぼっちになっちゃったんだ。

もうね、小沢社長からのセクハラがひどくてさ。

色仕掛けどころか、とんでもないセクハラを受けちゃってさ。

かなは一生懸命に拒否しようとしてるけど、体が何度も絶頂に導かれてしまうんだよ。

無料サンプル動画

発売日2022-05-06 10:00:20
収録時間151
シリーズ取引先の傲慢社長に中出しされ続けた出張接待。
ジャンルハイビジョン、独占配信、熟女、人妻・主婦、デジモ、単体作品、ドラマ、中出し、パンスト・タイツ
女優森沢かな(飯岡かなこ)
レーベルMadonna
品番jul00960
価格300~

作品レビュー

取引先の社長に性的接待を強要される女性営業社員。多くの人が高い評価を与えたが、私には少し不満が残った。2時間半の長尺だが、本格的な性交シーンはわずか2シーン。それでなくても、実際に挿入せずにダンサー同士がセックスしている短いシーンがいくつかあるなど、堕ちる過程を想像させるような演出が欲しかったのだが、それが皆無。契約スレスレ詐欺」のような会話や、手コキやフェラチオ強要などのセクハラ行為を延々と繰り返すだけで、社長室や飲み屋街など場所を変えているが、女性たちは当然スーツ姿で、見た目も変わらない。森沢カナが「ダメ」と言いながらも激しく腰を振るシーンが印象的だったので星4つとしたが、ラストシーンに至るまでにもう少し工夫があるか、ラストシーンを長く撮らなければ、もっと高い評価はしなかっただろう。

かなさんはOLスーツが似合う。オフィスでのスーツの開け方がそそる。透き通るような艶肌と腰使いがエロい。小澤とのコンビは安定感がある。ただ、シリーズものだから毎作ほとんどストーリーを変えないのだろうが、ボロ居酒屋の座敷での接待シーンはやめてほしい。あんな狭いところで重要な契約を接待するとは思えないし、触るにしてもあそこまで脱がさないだろう。このシーンが減点の理由である。もう少し脚本を考えてください。

エロティシズムが弱いと思う。陵辱系になじまないからなのか、この映画だけなのかわからないけど、なんにせよ、加奈本来のエロティシズムがあまり発揮されていない気がした。スリムな体型に似合うスーツ姿はもちろん良かったし、フルバックパンティーも多かったのだが、セクハラに消極的な時間が多くて引きづらかった。

森沢カナがスーツ姿でマワされるシーンは見応えがあった。スーツ姿は本当にエロい。

サンプル画像

かなが美人社員として取引に参加する目論見は、取引先の小沢社長の特性に基づいて計画されたものです。

小沢社長は「女好き」と「傲慢」で有名であり、かなを連れて行くことで彼の好意を引き、商談を成功させる狙いがありました。

出張が始まると、上司の佐藤は意気消沈し、かなは一人で取引相手と接待を行うことになります。

しかし、かなが期待していた色仕掛けや魅力だけではなく、過剰なセクハラにさらされます。

その心の中で彼女はそれを拒絶したくなっていますが、肉体的には何度も絶頂へと導かれます。

この物語は、かなが美人であることを利用して商談を成功させるという、一種の戦略や犠牲を扱います。

かなは自分の魅力を使いながらも、内心では社会的な圧力やセクハラに対する抵抗感を持っています。

彼女はプロフェッショナルとしての役割を果たす一方で、自己を守るための戦いも繰り広げます。

美人社員かなを連れての取引目論見は、商談の成功のためには適切な戦略である可能性もあります。

この物語は、かながどのようにその困難に立ち向かい、自己を守る方法を見つけるのかを描いています。

心と肉体の葛藤 かなは重要な商談のために出張することになった。

しかし、その商談相手である小沢社長は女好きで傲慢な人物として知られていた。

それゆえ、かなは一番美しい社内の女性として連れていくこととなった。

しかし、接待が始まると、かなの上司である佐藤は軽々と潰されてしまい、かなはひとりで小沢に対峙することになった。

かなは心と肉体の葛藤に苦しむことになる。

心の中でかなは小沢の抱擁や愛撫を拒絶しているが、肉体はその逆を示してしまう。

度重なる絶頂の快感により、かなの意志はますます揺らいでいく。

かなは自分自身をどう抑えるべきか迷いながら、なんとか商談を成功させようと奮闘する。

かなの葛藤は、女性としてのプライドと仕事の責任との間で起こっている。

かなは社内でも一番美しく才能もあり、そのことが商談の成功につながると考えられたのだ。

しかし、それは同時に小沢社長からのセクハラにさらされることを意味していた。

かなは自分の魅力や能力だけで商談を成功させたいと願っていたが、現実はそれとは異なっていた。

このような葛藤は、現代の女性にとっても共感を呼ぶものかもしれない。

一方で、この物語はあくまで架空のものであり、現実世界の女性の体験とは異なるかもしれない。

しかし、心と肉体の葛藤は、女性だけでなく、人間の普遍的なテーマでもあり、読者はそれに共感しやすいはずだ。

この物語は、かながその葛藤をどう克服していくのか、そして商談は成功するのか、というドラマチックな展開が読者を引き付ける要素となっている。

読者は、かなの成長や挑戦に共感し、彼女と一緒に心と肉体の葛藤を超える方法を見つけ出すことになるだろう。

この物語は、人間の内面の葛藤と外部の困難との闘いを描いた一編であり、読者にとって深い感銘を与えることだろう。

おすすめの記事