[AVレビュー]ある日、教え子と再会。人妻になっていた彼女にあの頃の制服を着せて何度も中出ししまくったW不倫 [向井藍]

不倫関係にハマってしまった元教え子との禁断の恋

学生時代に担任をしていた時、可愛らしい教え子の藍がSNSで見つかりました。

彼女の無邪気な笑顔は変わっていないのに、ただ一つ大きな変化がありました。

彼女は結婚し、人妻になっていたのです。

それでも、彼女に会いたいという思いが募り、数年ぶりに再会しました。

再会した瞬間、当時の彼女の制服姿をまた見たいという欲望が湧き上がってきました…。

知りながらも間違いだと理解しながらも、私たちは自制心を失ってしまい、互いに求め合い、何度も何度も性行為をしてしまったのです。

「先生、私は先生のことが好きです。

私たち、恋愛してもいいですか?」私たちは、中出しまでしてしまう禁断の不倫関係にハマってしまったのです。

無料サンプル動画

発売日2021-05-07 10:00:13
収録時間159
シリーズ---
ジャンルハイビジョン、独占配信、単体作品、寝取り・寝取られ・NTR、中出し、人妻・主婦、デジモ、不倫、制服
女優向井藍
レーベルみんなのキカタン
品番miaa00435
価格300~

作品レビュー

制服姿で人妻とセックスというシチュエーションがとてもよかった。

向井愛はセーラー服を着ている。他のレビュアーも言っているが、スタイルが良いのでセーラー服がよく似合う。最後はちゃんと全裸になり、騎乗位プレイでもスタイルの良さが光っていた。お風呂プレイでの水着みたいなセーラー服はちょっとやりすぎな気もしましたが、こういうのはAVと一緒だなぁと思いました。

向井愛ちゃんに久しぶりにセーラー服を着せるのはちょっとゲテモノかと思ったけど、意外と良かった。ちょっとゲテモノかと思ったけど、意外と良かった。向井愛に今更セーラー服を着せるのはちょっとゲテモノかと思ったが、意外と良かった。ちょっと安っぽいセックスシーンみたいかなと思ったけど、向井さんの変態的な魅力が勝って、興奮度はかなり高かった。佳作である。

物語は、元担任教師が教え子の愛さんをSNSで見つけて連絡するシーンから始まる(元担任教師役は中田一平さん)。 夫とのギャップに寂しさを感じていた愛さんは、先生からのDMに喜び、DMを楽しんでいた。ある日、愛さんは先生とテレビ電話をしていた......すると先生はこう聞いた。向井君があんな顔をするのは、何かあった時じゃないですか?それなら、直接会って話しませんか?私が話すから愛さんはそれを聞いてほっとしたような顔をした。落ち込んでいる先生を見て、何か力になりたいと思ったのだろう。すると、先生から電話がかかってきた。"高校の制服(夏服セーラー)姿の写真を送ってくれませんか?"と言うのだ。と告げられる。彼女は動揺しながらも、写真を送れば彼が元気になってくれるだろうと思い、写真を送る。テレビ電話から、彼の興奮ぶりが伝わってくる。彼は「今度は僕の前でユニフォームを見せてほしい」と言う。ということで、ホテルで待ち合わせ。ホテルで制服姿の愛ちゃんを見た先生はこう言った。ずっと愛していたのに。彼は彼女を抱きしめ、キスをした。彼女は抵抗したが、彼は乳首を舐め、キスをした。彼女は抵抗したが、彼は乳首を舐め、手コキをし、そして彼女をイカせた。ゴムをつけて正常位で挿入するも、ゴムを外して再挿入。彼はゴムを外して入れ直す。彼女は「先生、待って。生は無理。しかし、愛ちゃんには彼が気持ちよさそうにしているのがわかった。彼は彼女の奥を突き、彼女はイキ、そして横向きでイキ、正常位で中出しする。彼女は「ごめんね、向井。また会ってくれる?彼女は「うん」と答え、彼にキスをする。次に愛が冬のセーラー服姿になる。愛ちゃんはもう抵抗も見せず、先生を受け入れる。情熱的なキスを交わし、お互いに気持ちいいところを責め合う。制服を着たまま騎乗位、69、バック、正常位で犯される。夫が出張で不在のあい宅でのシーンは圧巻だ。二人の息もぴったりで、シーンが一層盛り上がる。また、愛ちゃんの体操服(ブルマ)姿が見られる貴重な機会でもある。彼女もブルマ姿なので、手コキで濡れているのがわかる。挿入されながら立ちバックでキスする愛ちゃん。彼女は「欲しい、お願い。奥まで突いてください"。愛ちゃんはキスをしながら立ち騎乗位もしており、彼のペニスをもっと欲しがっている。愛ちゃんは絶品だった!

サンプル画像

かつての制服姿に再び会いたくなり、彼女と再会する。

学生時代に受け持っていた教え子、藍をSNSで見つけた元担任の僕。

可愛さと無邪気な笑顔は変わらないまま。

変わったことといえば、結婚して人妻になったことくらい。

ふと会いたくなって数年ぶりに再会した僕は、当時の制服姿をまた見たくなった…。

禁断の快楽に取り憑かれた僕たちは、互いに理性を保つことができずに何度も何度もSEXしてしまった。

しかし、この関係には明らかにイケないという理性的な声もある。

「先生、好きになってもいいですか?」藍が告白してくる瞬間、僕は禁断の中出し不倫の道に足を踏み入れてしまった。

この禁断の関係は、二人の快楽を絶え間なく追求することとなる。

割れない家庭と、快楽の虜になった僕らの葛藤が混ざり合い、関係はどんどん複雑になっていく。

藍は僕にとってはかつての生徒であり、今は人妻でもある。

しかしながら、彼女の瞳には学生時代に抱いていた純粋なまなざしがまだ残っている。

僕は彼女との関係が一時的なものではないことを感じる一方で、彼女の家族に対する罪悪感も募っていく。

この禁断の関係は、まるで迷宮のようなものである。

悦楽と罪悪感が入り混じり、二人を取り囲んでいく。

彼女との関係には終わりが見えないが、どこか心の奥には壊れるかもしれないという不安もある。

しかし、僕たちはこの関係を止められない。

禁断の恋とはいえ、彼女の制服姿に再び会いたくなり、彼女との秘密の関係を続ける決断をするのだった。

この背徳感に悶えながらも、二人は快楽の深みに落ちていくのであった。

彼女は既婚者であるが、僕たちは互いに強く惹かれあってしまう関係にある。

数年ぶりに再会した彼女は、学生時代と変わらず可愛さと無邪気な笑顔を持っていた。

しかし、彼女が結婚し人妻になっていたという事実も変わらなかった。

この関係はまさに「イケない」ものでありながら、僕は彼女の制服姿をまた見たくなった。

互いに理性を保つことができず、彼女と何度も何度も性的な関係を持ってしまったのだ。

彼女は禁断の中出し不倫に溺れることになり、そして彼女は僕に向かって「先生、好きになってもいいですか?」と問いかけてきた。

我々はこの禁断の関係にハマってしまい、日々の生活を忘れるほどの情熱を持ちながらも、同時に罪悪感に苛まれていた。

私たちは既存の社会的ルールを破り、快楽の追求を選んでしまったのだ。

禁断の愛の果てには、教師と生徒の関係を超えた真実の愛が存在するのだろうか。

この物語は、二人が追い求める愛の行方を描いている。

それは激しい情熱と罪悪感が交錯する、切なくも美しい秘密の恋の物語なのである。

おすすめの記事