[AVレビュー]甘い囁きに流されるまま、僕は大学を留年するまで、人妻との巣篭もりSEXに溺れて…。 [小松杏]

新しい隣人の杏さんに誘惑されてヤバいことになっちゃった!

 朝イチでマッチョな男が大声で漫才の練習しまくってるとか、下の階の住人迷惑すぎ!しかも隣には強烈なキックボクサーが引っ越してきて、サンドバッグを叩きまくってるんだよ。

こんな環境で勉強もできるわけないじゃん、つか生活もままならないよね!それに加えて俺は先の見えない大学生で、将来が不安すぎるんだよね。

 でもある日、隣の部屋に美人な女性、杏さんが引っ越してきたんだよ。

すごく妖艶な雰囲気があるんだよね。

彼女、何かにつけて俺を誘ってくるんだよ。

まるで魔法かなんかかかってるみたいで、逆らうこともできないし、どうしようもないくらい彼女の言う通りになっちゃうんだよ。

 まさかまさか、人妻とのアバータイムでエロい関係に溺れてしまうなんて…。

彼女の甘い囁きに鼓膜が蕩かされる感じ、もう最高すぎてたまんないよ!

無料サンプル動画

発売日2022-07-22 10:00:19
収録時間122
シリーズ甘い囁きに流されるまま、僕は大学を留年するまで、人妻との巣篭もりSEXに溺れて…。
ジャンルハイビジョン、独占配信、中出し、淫語、単体作品、人妻・主婦、熟女、デジモ、スレンダー、期間限定セール
女優小松杏
レーベルMadonna
品番juq00042
価格500~

作品レビュー

私はシリーズ物しか買わないので、小松杏を見るのは初めてだったが、端正な顔立ち、長身スレンダー、微乳ながら、ナチュラルでエロティックな美しさが際立っている。ストーリーはシリーズと同じで、人妻が寂しさを紛らわすために男子大学生を誘惑し、彼の人生は崩壊していく。その男も不倫男で、杏子とセックスして依存するようになるが、もし杏子と別れたら、怖いくらいに豹変する。来月は大島優香が登場するが、ベテラン女優の演技が楽しみだし、北条麻妃や舞原聖との共演も見てみたい。

この作品は、人妻の小松杏様が痴女になって、大学生の男を誘惑してセックス漬けにするというのがいい。杏のような美女にこんな風に誘惑されたら、もう何も欲しくなくなってしまう。そう思わせるほど、彼女のスレンダーボディはエロい。杏ちゃんのコスチュームとしては、ジーンズもよかった。モデルのようなスレンダーボディは、どんなコスチュームも似合う。

スレンダーで胸も小さいが、フェロモンたっぷりでセレブ感があり、腰使いがエロくて妖艶。

スレンダーな女の子が好きな方にはお勧めの女優さんです。スレンダー好きなら、小松杏のどの作品もオススメ!

サンプル画像

大学生の俺が隣に引っ越してきた美人な女性と出会う 大学生活を送る俺は、ある日、隣に引っ越してきた美人な女性、杏さんと出会うことになった。

彼女はどこか妖艶な雰囲気があり、一目見た瞬間から俺の心を奪ってしまった。

しかし、彼女が住むのはボロアパートで、周りにはおかしな住人たちが集まっている。

朝っぱらから大声で漫才の練習をする芸人崩れや、階下の住人を気にせずにサンドバッグを叩くキックボクサーなど、まさに先の見えない環境だ。

杏さんは引っ越してきてすぐに俺に興味を持ち、何かにつけては俺を誘ってくる。

彼女の囁きは鼓膜を蕩かすほど甘く、俺は彼女に逆らうことも出来ず、言うなりになるしかなかった。

そして、互いに欲望を満たすために、俺たちは人妻との巣籠りSEXに溺れていくのだった。

この出会いから始まった関係は、俺の大学生活にとって思い出すべきエピソードとなった。

杏さんの美しさと妖艶さに魅了されながらも、周囲の奇妙な住人たちとの共同生活には苦労もあった。

しかし、それもまた、この物語の一部であり、俺たちの関係をさらに深める要素となっていた。

杏さんとの関係は時間を忘れるほどの intense なものだった。

彼女の魅力に溺れながらも、俺は自分の学業や将来について考えることもあり、内心では複雑な思いも抱えていた。

この出会いは、俺にとって大学生活が変わるきっかけとなり、成長の機会でもあった。

杏さんとの関係がどのように進展していくのか、俺には予測できない未来が待っている。

しかし、この出会いは俺に新たな経験や感情を与えてくれた。

美人な女性との出会いは、大学生活をよりエキサイティングなものにする要素であり、俺はこの経験を大切にしていきたいと思っている。

甘い誘いに抗えず、人妻との関係に溺れる俺の日々

甘い誘いに抗えず、人妻との関係に溺れる俺の日々 大学生活を送る俺は、ボロアパートに住んでいる。

しかし、隣の部屋に引っ越してきた杏さんという人妻の存在が、俺の日常を一変させることになる。

杏さんはどこか妖艶な雰囲気を持つ美しい女性だった。

彼女の気品溢れる佇まいに、俺は心惹かれていく。

しかし、それだけではなかった。

彼女は何かにつけて俺を誘ってきたのだ。

朝の静寂を破り、階下の住人を気にもせず、部屋で漫才の練習をする芸人崩れの騒音、そして隣の部屋でキックボクサーがサンドバッグを叩く音―。

そんな悪環境の中で杏さんは俺を誘い、囁きかけてきた。

彼女の甘い囁きは、まるで鼓膜を蕩かすような魔法の言葉だった。

それに逆らうことはできず、俺は彼女に言うなりになっていく。

そして、人妻との関係に溺れていくのだ。

日々、俺と杏さんは巣籠りのように過ごす。

時間を忘れ、欲望に溺れる日々が続く。

彼女の愛撫、彼女の体との交わりは、俺にとって忘れられないほどの快楽をもたらしてくれる。

しかし、この関係は果たして続くのだろうか?都会のどこかで生活する彼女の夫に気づかれることなく、この甘美な時間を共有し続けることは可能なのだろうか? 俺は思い悩む日々を送りながらも、甘い誘いに抗えず、杏さんとの関係に溺れていく。

この一時の幸福を噛みしめながらも、心の奥には常に切なさと不安がつきまとう。

俺の日々は、甘い誘いによって彩られ、同時に振り回されていく。

この禁断の関係に果たして何が待ち受けているのか、俺にはまだ分からない。

しかし、それでも俺は杏さんの虜になり続けるのだろう。

おすすめの記事