[AVレビュー]夫婦経営の美容室で欲求不満な人妻美容師の日向子さんにこっそり痴女られて中出ししてしまった僕。 [森日向子]

夫婦営むヘアサロンで働いてる人妻の日向子がセックスレスに困ってた話

日向子っていうんだけどさ、私、夫婦でやってるヘアサロンで働いてるんだよね。

でさ、最近セックスレスにモヤモヤしてるんだよね。

夫との関係はそんなに悪いわけじゃないんだけど、夫がセックスに興味を示さなくて、だんだん私も誘うのをやめちゃったんだよね。

こんな風に女として終わっちゃうのかなって思っちゃってさ。

そんな私が悩んでたある日、男性客の小梅っていう人と偶然会っちゃったんだ。

彼めっちゃムキムキの体してて、顔も自分の好みのタイプだったんだよね。

それでね、日々の欲求不満をぶつけたくなっちゃって、シャンプー中にこっそり悪戯しようと思ってたんだよ。

無料サンプル動画

発売日2023-07-28 10:00:34
収録時間117
シリーズ---
ジャンルハイビジョン、独占配信、単体作品、巨乳、寝取り・寝取られ・NTR、痴女、人妻・主婦
女優森日向子
レーベル誘女
品番yuj00006
価格2800~

サンプル画像

「セックスレスに悩む人妻が、男性客との出会いで欲求不満を解消する方法を探る」というテーマは、多くの人々の関心を引くでしょう。

本記事では、夫婦経営のヘアサロンで働く日向子さんのストーリーを通じて、彼女が抱えるセックスレスの問題について探求します。

夫婦関係は良好であるにもかかわらず、夫がセックスに興味を抱かないため、日向子さんは不満や焦りを感じています。

そんな彼女がある日、筋肉質で魅力的な男性客の小梅さんと出会い、彼に自らの欲求をぶつけようと考えます。

本記事では、日向子さんが彼との関係を通じて新たな解決策を見つける過程を詳しく探っていきます。

日向子の夫はセックスに興味がない

セックスレスに悩む日向子の夫は、セックスに対して興味がないという問題に直面している。

彼女たちは夫婦経営のヘアサロンで働いており、仕事上の問題や他の面では特に悪化しているわけではないが、セックスに関しては夫が無関心であることが明らかになっている。

日向子は、夫との関係をよくするために何度か夫に誘いをかけてきたが、興味がないと断られることが多くなってきた。

その結果、彼女は次第に夫に対してセックスに関するアプローチをしなくなってしまった。

しかし、日向子は女としての自分の魅力が失われていくのではないかと不安を感じていた。

そんなある日、日向子はヘアサロンの男性客である小梅と出会う。

彼は筋肉質で魅力的な外見を持ち、日向子のタイプでもあった。

日向子は日々の欲求不満をぶつけるために、シャンプー中にこっそりと彼に悪戯を企てる。

日向子の行動は、夫への不満を抱えている女性にとっては共感を呼ぶものかもしれない。

セックスレス状態にある夫婦は、日常生活や仕事のストレスによって駆られていることが多いが、その影響は夫婦の関係にも及んでいる

こうした状況は、夫婦間のコミュニケーションの不足や性的欲求の不一致など、さまざまな要素に原因がある可能性がある。

日向子のような女性は、夫婦の関係を改善し、セックスに対する夫の関心を取り戻したいと願っている。

彼女が小梅に興味を持つのは、夫以外の男性を通じてセックスの充足感を得ようとすることかもしれない。

日向子が小梅との関係をどのように発展させるのか、また、彼女の夫との関係は改善されるのかはわからない。

日向子の欲求不満を解消するためのシャンプー中の悪戯

日向子の欲求不満を解消するためのシャンプー中の悪戯 日向子は、夫婦で経営するヘアサロンで働く人妻である。

しかし、最近彼女はセックスレスに悩んでいた。

夫との仲は悪くないものの、夫はセックスに興味がなく、日向子からの誘いも断られることが増えてきた。

このまま女としての魅力を失ってしまうのではないか、という不安が彼女の心を埋めていった。

ある日、日向子は男性客の小梅と出会う。

小梅は日向子の理想的なタイプで、筋肉質な体と魅力的な顔立ちを持っている。

彼の姿に触れるだけで、日向子の欲求不満が一気に湧き上がってきた。

日向子は日常のプレッシャーやストレスをシャンプー中に解消することがある。

そして、小梅との出会いをきっかけに、彼女はシャンプー中に彼に対して悪戯を仕掛けることを思いついた。

彼女は小梅の髪を洗う際、手指を使って首筋や耳たぶを刺激する。

彼がリラックスしている様子を見て、日向子は胸の膨らみや鼠径部のグローブを使って快感を与える。

さらには洗髪の最中に彼の下半身を軽く触れてみたり、密着して体温を感じるようにしたりと、様々な方法で彼を挑発した。

彼女はこれらの悪戯を通じて、欲求不満を解消しようとしていた。

小梅が彼女に反応し、喜びや興奮を感じてくれることが、日向子の心を満たすのである。

おすすめの記事