[AVレビュー]汗ほとばしる人妻の圧倒的な腰振りで、僕は一度も腰を動かさずに中出ししてしまった。 [向井藍]

猛暑で夢を諦めて実家に帰ってきた僕に再会

 真夏日続きのこの日、私は猛暑に耐えかねて、夢だった俳優を諦めて久しぶりに実家に帰ってきました。

その時、なんと幼馴染の藍と数年ぶりに再会することができたのです。

彼女は結婚して人妻となっていましたが、色気が増して美しさが増した反面、無邪気な笑顔は子供のころと何も変わっていませんでした。

 藍は昔と同じように私に接してくれましたが、私自身が大人になりきれず悶々としていることに嫌悪感を抱いていました。

私はずっと彼女に好意を抱いていたのですが、自分の未熟さに苛立ちが湧いていたのです。

 何も知らない彼女は、もしかしたら私の気持ちを悟っているのかもしれませんし、知らないのかもしれません。

しかし、彼女が妖艶な笑みを浮かべるのは、ただのいたずら心からでしょうか。

そして、そのいたずら心が私に襲い掛かってきたとき…。

無料サンプル動画

発売日2022-07-22 10:00:28
収録時間120
シリーズ一度も腰を動かせずに射精してしまった。
ジャンルハイビジョン、独占配信、汗だく、中出し、熟女、デジモ、騎乗位、単体作品、人妻・主婦、期間限定セール
女優向井藍
レーベルMadonna
品番juq00038
価格500~

作品レビュー

セミの鳴き声が響く暑い夏の日、東京で俳優の勉強をしていた幼なじみのタカシが帰ってきた。帰ってきたら電話しないでね」とからかいながらも、内心はとても嬉しそうだった。アイはタカシの頬にキスをして、「こういうの慣れてないよね」と言った。幼稚園以来の私とのキスはどうだった?"と聞いてきた。と聞くと、タカシは「たいしたことないよ」と言う。タカシは「うれしかったでしょ?タカシはかわいいと思う。タカシは彼女に「もう一回やってみる?タカシは「何考えてるの、結婚してるんでしょ?アイの茶目っ気が好奇心に火をつける。翌日、2人はタカシの手足を縛り、60秒以内にほどけたら勝ちとするが、タカシは負けてしまう。のどが渇いたタカシに口を開けさせ、お茶を注ぐ。タカシの顔がお茶まみれになり、雑巾で拭こうとすると、アイは「じゃあ、私が拭いてあげる」と微笑んだ。タカシは彼女のスカートで顔を拭こうとした。タカシは彼女を見てキスをした。タカシは「それは最悪の冗談だよ」と言った。タカシは「最悪の冗談だ」と言った。アイは「タカシ、動かないで」と言った。タカシは抵抗して動き出した!舌を出して。彼は彼女の舌にキスをした。彼女は彼の耳や首筋を舐めたが、彼は言った。僕たちは結婚しているんだ。でも、彼は彼女の乳首や下半身を触って、"あ、勃起してる?勃起してる?童貞なの?"って。とバカにされる。見てみるわ」。彼女はズボンを脱ぎ、パンツを下ろしてペニスを見せた。愛ちゃんは嬉しそうに「見たよ」と言った。先っぽを舐めて、ズボンを脱いで、「小さいときに見たときより大きい」と言った。そして、彼のペニスをしゃぶり、キスをして、乳首を舐め、彼の顔の上でイッた。タカシはB型だったよね。私も彼と同じ。このまま犯してやる。でもタカシは抵抗して......でも騎乗位で入ってきた。彼は「中に出してください、お願いします。中に出してください」と彼女に言った。彼女は喉を鳴らしながら腰を振り、彼をイカせまくる!翌日、愛ちゃんが浴衣姿でやってくる。浴衣姿がかわいい。花火大会は中止になったが、愛の気持ちは止まらない。キス、フェラ、アナル舐め、顔面騎乗、69、馬乗り、背面騎乗、バック、立ちバック、バックで犯しまくる。今日は中に出していいなんて言ってないよ。我慢できないほど気持ちよかった?"翌日、私たちはアイの家でセックスした!翌日、アイの家でセックスをした二人は、お互いの気持ちが高まり、感じて興奮していた!愛ちゃんの体も美しい!彼女の体も美しすぎる!最後のセリフの切なさ......。

田舎に帰った男優は、浮気中の幼なじみの欲求不満を解消し安心させるため、小さい頃からの幼なじみである愛ちゃんと快楽を楽しむ。セックスは常に愛がリードし、腰を振らせないが、2人の関係ははっきりしない。仲の良かった2人が再会して燃え上がるのもいいが、あいがビッチすぎて少し醒めてしまう。愛ちゃんはいつも私のそばにいて、何かと面倒を見てくれた。時には恋愛相談にも乗ってくれた。アイは自分の気持ちに無自覚で、表向きは男勝りな女でも、陰ながら私を支えてくれた。こんな関係もありなんだろうな。でも、だとしたら、こんなにビッチな彼女とは感情移入できない。まるで設定がない。オープニングからキャスト名が流れるのに、本編はドラマとして失敗。最後まで腰を振らせない俳優が、3回目の絡みで爆発寸前になって藍を求めだす。これだよ!これがないとダメなんだしかし、途中で藍に拘束される。何度も言うが、セックスは男女二人が求め合う感動であるべきだ。こんな一方的なものを延々と見せられたくない。セックスは男女が求め合ってセックスするものであるべきだと、これまで何度も言われてきた。なぜ、お互いの脇の下を舐めさせた後、そこから絶頂に達しなかったのか。3回目の直前、愛が男優に電話をかける。キスシーンから始まるのだが、男はまだこれからというところで愛ちゃんを表面的に拒絶しようとする。これではダメだ。定番だが、ベロチューで求め合うところから、服も下着も脱いで絡んでほしかった。最後の絡みはドツボにはまり、それはそれでよかった。

愛さんのキスがエロくてエロくて。愛さんに舌から攻められ、M男の私はその舌に怯え(笑)、自然と従わざるを得なくなる。魅力的な女性だ。男として、こういう女性を幸せにしたい!

サンプル画像

人妻の藍が色気増しで美しくなっていた

幼馴染の藍が人妻になり、久しぶりに再会した時、彼女の色気が増して美しくなっていることに驚いた。

藍は幼い頃から一緒に遊んできた相手であり、彼女の笑顔は変わらず可愛らしいものだった。

しかし、大人になった僕にとって、彼女の魅力はかつてとは異なるものとなっていた。

かねてから藍に対して特別な感情を抱いていた僕は、自分がまだ大人になりきれていないことに嫌気がさしていた。

彼女との再会で、自分の未熟さをつきつけられる思いに苦しんでいた。

そして、藍はそれを知ってか知らずか、妖艶な笑みを浮かべて僕に接してくるようになった。

藍が美しさと色気を増したことは、周囲からも注目されるようになっていた。

彼女の魅力は、ただの幼馴染以上のものだった。

それは自然な成長であり、僕にとってはまるで別人のように感じられた。

彼女の美しさに引かれながらも、僕は自分自身がまだ未熟だと感じ、焦りを抱いていた。

しかし、藍は僕の未熟さに気づいていたかのように、イタズラの延長で僕に近づいてきた。

彼女の妖艶な笑みは、僕の胸をざわつかせるものだった。

藍との気まずい関係を避けようとしても、彼女の色気には抗えない自分を発見してしまった。

果たして、藍との関係はどのように進展していくのだろうか。

僕の未熟さと彼女の美しさが、新たな展開を生むのかもしれない。

そして、この夏の日々が大きな転機となるのかもしれない。

今後の彼女との関係を考えると、胸が高鳴り、期待と不安でいっぱいになってしまう。

おすすめの記事