[AVレビュー]人妻秘書、汗と接吻に満ちた社長室中出し性交 次世代ダイヤモンド『新人』遂に中出し《解禁!!》 [一乃あおい]

転職先での特殊な条件の働き方

あおいは夫の職をなくし、生活に困っていました。

そんな彼女は小沢という人の会社へ面接に訪れました。

最初は事務の募集だったのですが、小沢はあおいに秘書として働くことを提案しました。

それには給料が倍になるという条件がつけられていましたが、一緒に愛人契約もする必要がありました。

しかし、この愛人という関係においては、肉体的な関係を持つことはなく、キスだけで済むと言われていました。

生活のためにあおいはこの条件を受け入れてしまいました。

しかし、あおいと小沢のキスは、極めて激しく、淫猥で快感を覚えるものでした。

あおいは我慢できず、自ら約束を破って小沢との肉体関係を求めてしまいました…。

無料サンプル動画

発売日2022-07-22 10:00:41
収録時間121
シリーズ人妻秘書、汗と接吻に満ちた社長室中出し性交
ジャンルハイビジョン、4K、独占配信、単体作品、人妻・主婦、熟女、デジモ、秘書、巨乳、中出し、期間限定セール
女優一乃あおい
レーベルMadonna
品番juq00030
価格500~

作品レビュー

冒頭のアイスを舐めるシーンから傑作の予感がした(笑) その後の面接シーンでは、葵の(役者もだが)演技力に不安がないことがわかり、さらに期待が高まる。唇の周りの肉感に興奮が高まり、そして社長の卑猥なキス。それを感じた葵のリアクションが最高。ストーリーも葵の表情も仕草も言葉も芝居も素人っぽいが、洗練されすぎている感じはなく、彼女の良さは言い尽くせない。素晴らしい女優だ。すぐにでも彼女の出演作をすべて観たい!

女優の名前は知っていたが、観るのは初めて。顔は全く違うが、ハスキーボイスが女優の伊藤沙莉にそっくりで驚いた。まさかこの顔でこの声とは......。しかし、演技を見ているうちに、この声が有能な秘書の印象を与える良いアクセントになっていることがわかった。なにより、伝説の秘書・小沢さんの要求に十分応えられる葵のエロさが素晴らしい。このシリーズがいつもと違うのは、愛人契約は自分から求めない限りキスだけということ。しかし、社長からもらったエロい下着を見て疑わない夫への腹いせもあって、自ら社長を求めて発情し始める葵の演じ方には驚かされた。夫とベッドを共にしながら、夫に誘われるが、夫の前でのセクハラ行為に、ついに夫の疑惑が深まるが、時すでに遅し。すっかり社長の愛人になってしまった葵さんは、夫に「社長とは関係ない」「いざとなったら会社を辞める」と言い放つ。葵さんの夫は社長とは何の関係もなく、いざとなれば会社を辞める。全体的なストーリーはいつもとあまり変わらないが、葵さんの魅力が際立っている。小澤さんはもちろん、寝取られ伝説の松本さんもさすがの演技力だ。この素晴らしいドラマを制作した方々に感謝したい。

このシリーズ、いつもの流れなら最後までやるしかないのだが......今回は違った。物語の中盤で和野さんが社長に攻撃的になり、挙げ句の果てには夫を同じ職場で働かせて背徳感を得る悪女に豹変する。マンネリをうまく回避している。

あっという間の変身だが、そのエロさに拍車がかかる感じ。肉感もむさぼり感もAV向き以外の何物でもない。

サンプル画像

あおいは夫が会社を首になり、生活に困っている最中でした。

そのため、求職活動をしていた彼女は、小沢の会社へ面接にやってきました。

当初は事務の募集でしたが、小沢は彼女に秘書として働くことを提案しました。

給料はなんと倍増ですが、条件として愛人契約も含まれます。

しかしこの愛人関係は肉体関係を持たず、キスだけというものです。

あおいは生活のためにこの条件を受け入れてしまいましたが、やがて小沢とのキスによる快感が彼女を襲います。

その結果、彼女は約束を破り、小沢との肉体関係を求めるようになってしまったのです。

あおい、生活に困り受け入れる あおいは、夫が会社を首になり、生活に困っていました。

経済的な困窮に直面し、なんとか新しい仕事を見つける必要がありました。

そこで、あおいは小沢の会社へ面接に応募しました。

最初の募集は事務職でしたが、小沢はあおいに秘書として働くことを提案しました。

そして、給料は倍増するが、条件として愛人契約も含まれることを伝えました。

ただし、愛人とはいえ、肉体関係は持たず、キスのみが存在するという条件でした。

あおいは、生活のためにはこの条件を受け入れるしかないと判断しました。

経済的な不安が彼女を押し迫り、どうしてもこれから先の生活を守るためにはこの取り組みが必要であると思い込んでいました。

ところが、あおいが小沢とのキスを交わすようになると、それはまるで性行為のような快感を与えてくれるものでした。

初めは約束した通り、肉体関係を持たないことに意識を持っていた彼女は、しかし、次第にその制約を欲求が支配するようになっていきました。

あおいは自制心を失い、ついには小沢との肉体関係を求めるようになってしまったのです。

彼女は約束を破り、愛人という枠を超え、小沢との関係を進展させようとしました。

この物語は、生活に困ったあおいが経済的な解決策として愛人契約を受け入れるという選択をしたことから始まります。

しかし、その選択が彼女自身の欲望を刺激する結果となるかもしれません。

どのような展開が待っているのか、そして彼女の心情はどう変化していくのか、興味深いものとなるでしょう。

おすすめの記事