[AVレビュー]生徒の誘惑に理性を保った俺が、人妻になったその子の色気に負けた12年後の再会 [岬さくら]

人生の選択について

かつてさくらが恋心を寄せていたのは、学校で教えていた先生でした。

しかし、学生と先生という厳格な関係性の中で、さくらの思いは伝えられずに終わってしまいました。

それから12年が経ち、さくらは理想の形にはならなかったけれども、幸せな家庭を築き、人妻となりました。

そんな彼女が、同窓会に出席していた際に、かつての先生を見かけました。

すると、甘酸っぱい感情が押し寄せてきて…。

「先生、私は大人になりました。

一夜だけでもどうですか...?」12年前の恋心とは違う色香と新たな関係性が生まれることになり、一夜の不倫関係が始まることになります。

無料サンプル動画

発売日2022-07-15 10:00:00
収録時間119
シリーズ---
ジャンルハイビジョン、独占配信、中出し、人妻・主婦、寝取り・寝取られ・NTR、不倫、ドラマ、単体作品、期間限定セール
女優岬さくら
レーベル溜池ゴロー
品番meyd00771
価格500~

作品レビュー

この作品は、痴女系やいやらしい系のドラマではなく、さくらがあまり撮らないというイチャラブ系のドラマだ。お相手は安定の田淵さん、楽しく撮影している様子が伝わってくる。最初で最後!最初で最後のシーンでのさくらさんのセーラー服姿は違和感がなくかわいいし、耳を出した髪型もかわいい。同窓会でのドレス姿はとてもセクシーで美しく、足が長くてスタイルがとても良いのがわかる。さくらの演技ももちろんいいが、田淵の演技やセリフもいい。男優と女優の両方がいいと、ドラマの質が高まる。不倫のようなセックスをしながらも、お互いに愛し合い、何度も求め合う。個人的に好きなシーンはクリトリスを刺激しながらのピストンで、とても気持ちよく興奮する。彼は紳士だ。男優さんのセックステクニックは真似できませんが、男性のマナーは見習うべきだと思います。さくらさんという名前も好きです。さくらさんはいつも満開です!(映画本編をご覧になった方なら、このコメントの意味がお分かりいただけると思います)。

不倫なのに純愛AVとは想像しにくかったが、見終わって納得の純愛ストーリー。冒頭とラストの桜の木の下での出会いと別れのシーンはとても美しかった。佐倉美咲のドレス姿も美しく、スタイルも素晴らしく、12年越しに何度も求め合う愛のあるセックス。キスシーンも他の作品より多く、キス好きにはたまらない。激しい銃撃戦が好きな人には物足りないかもしれないが、ドラマが好きな人には超一級の作品。男優の田淵先生もいい。教師役の時はストイックに見えるが、いざとなると豹変してヤリチンおやじ全開。教師役を演じているときはとてもいいのだが、いざとなると豹変してヤリマンのオヤジになる。またセックスするために家を出ようとする彼女を止める。服を着て、また脱ぐという繰り返しが笑いを誘う。どこぞの芸人のギャグではないが、「また服を着るのか、また脱ぐのか」と心の中でツッコミを入れてしまった。今回も佐倉美咲のセリフが良かった。"先生なら何でもカッコイイ?男なら一度は女に言われたい言葉だと思う。これは台本通り?それとも佐倉美咲さんのアドリブ?一方、田淵先生のセリフもいい。暗闇の中、帰ろうとして「素敵な夜から目覚めるのが怖い。夢から覚めるのが怖い"。彼のキザなセリフがカッコいい。一度は女性に言ってみたい(笑)。こんなきれいな奥さんがいたら幸せだろうな。こんな純愛なら許しちゃうかも!

三崎さんと田淵さんがAVで共演するのは今回で3度目。どの作品も素晴らしい。二人は "いい化学反応 "を起こしている。いいコンビです。好きなドラマは岬さんの9作目。しかも初共演。あそこで繰り広げられた演技はJドラマクオリティだった。しかし、22作目には22作目の魅力がある。9作目ほどドラマチックではないが、現実に存在する要素がある。ストーリーは、ホイットニー・ヒューストンの曲 "Saving All My Love for You/SavingAllMyLoveforYou/1985 "を思い出させた。忍耐と禁断の片思いについてだ。第22作のペースは、"一夜限りの関係と一夜限りの関係 "というコンセプトに基づいている。ストーリーはかなり駆け足だが、それも理解できる。関連性も高い。そのため、特別なシーンはこれまでの作品よりも強烈だった。緊迫感とお互いの必要性が確立されていた。岬がシーンをリードするときはいつも素晴らしい経験だ。彼女には愛と感情があふれている。彼女の表情と動きは比類ない。完全なパフォーマー。彼女は常に向上し続けている。このような稀有でとても才能のある女優。だから岬さくらは私のお気に入り。彼女のAV作品をいつも楽しみにしている。溜池ゴローさん、桜岬さん、田淵正浩さん、お疲れ様でした。素晴らしい体験をありがとう。

冒頭の三崎さんが女子高生になるシーンを観て、普通のOLさんで通用しそうなくらいマブイと感じました。田淵さんの教師役もダンディで紳士的で、お二人ともとてもマッチしていて感心しました。団地妻』では配達員との禁断の恋を演じ、前作のソープでは客のもてなしを演じた。前のソープでは客のもてなしを演じ、今回のソープでは教師と生徒の純愛シーンを演じ、二人の神々しい演技が光っていた。三崎さんの演技力と妖艶な魅力は、新作を重ねるごとに増しているのを感じる。個人的には、三崎さんと田渕さんの共演作が大好きなので、次回作はどんな作品になるのか楽しみである。

サンプル画像

「幸せな家庭を築いた人妻さくらの再会」 人妻となり幸せな家庭を築いたさくらは、かつての恋の相手である学校の先生と再会する。

かつての学生時代、さくらは理想の関係性を乗り越えることができず、初恋は実らなかった。

しかし、12年の時を経て、さくらは理想とは異なる形で幸せを手に入れたのだ。

同窓会に出席したさくらは、先生を見た瞬間にかつての甘酸っぱい感情が押し寄せてくる。

しかし、それは単なる思い出の中で薄れた恋心ではなく、大人になったさくら自身の新たな感情だった。

さくらは堂々と先生に近づき、「先生、大人になった私と一晩どうですか?」と誘いをかける。

12年前とは全く異なる色気と関係性で再会したさくらと先生は、一夜限りの不倫を始めるのだ。

この再会は、過去の想いを胸に秘めたさくらにとって、禁断の果実のような魅力を持っていた。

彼女は理想の関係を持つことはかなわなかったが、幸せな家庭を手に入れたことに満足しながらも、過去の感情にまだ未練を抱いていた。

そして、その未練を断ち切るために、一夜限りの関係を選んだのだ。

この再会はさくらにとって、かつての恋を追い求めて生きた若かりし頃の自分と向き合うきっかけでもあった。

彼女は大人として成長し、人妻として幸せな家庭を築いたが、それでもなお、過去の恋に対しては複雑な感情を抱いていた。

再び先生との関係に身を委ねることで、彼女は過去を振り返り、自分自身を見つめ直す機会を得ることになるのだ。

この物語は、一筋縄ではいかない人間の感情や葛藤を描いている。

さくらの再会は、単なる不倫の物語ではなく、自己の成長と向き合うための旅でもある。

彼女が幸せと感じる家庭を築く一方で、自分の過去の恋を消化し、成長していく姿勢は、多くの読者に共感を呼び起こすことだろう。

この物語は、恋と家庭、そして自己の成長の間に揺れる人々に対して、新たな視点を与えてくれるだろう。

「恋する相手は学校の先生だった。

幸せな人妻となった彼女が、12年ぶりに出席した同窓会で再び彼と出会う。

過去の絶対的な関係性は変わり、甘酸っぱい感情が彼女を包み込む。

果たして、彼女は一夜限りの不倫に走るのか?」

おすすめの記事