[AVレビュー]永遠に終わらない、中出し輪●の日々。 [綾瀬麻衣子]

受験勉強中の息子は、友人を自宅に招き毎日のように勉強会を開いていました。自ら進んで勉強に励む息子の姿は、母としても喜ばしい事で…それから間もなくして、推薦入学が決まりました。しかし、受験を終えた息子を友人達は恨んでいたのです。そして怒りの矛先は、あろうことか私に向かってきました。狂気に満ちた友人達が自宅に押し掛けてきて、何度謝罪しても許されることはなく、その日から輪●され続ける日々が始まって…。※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。 特集 ライブチャット 若妻・熟女と楽しめる人妻チャット!最新作やセール商品など、お得な情報満載の『Madonna』はこちら!

無料サンプル動画

発売日2022-04-22 10:00:00
収録時間152
シリーズ永遠に終わらない、中出し輪●の日々。
ジャンルハイビジョン、独占配信、3P・4P、辱め、単体作品、熟女、人妻・主婦、中出し、デジモ
女優綾瀬麻衣子(沢口まりあ)
レーベルMadonna
品番jul00944
価格300~

作品レビュー

綾瀬舞子演じる、無理難題をふっかけてくる人気シリーズ。最初は嫌がっていたが、やがてのめり込んでいく母親を熱演。

息子の友人3人に息子の素行を理由に犯される麻衣子。友人たちは、息子の代わりに土下座して裸になれと要求する。麻衣子はひどい要求だと思うが、息子に危害を加えると脅され、しぶしぶ承諾する。友人たちは、美しい母親の腹いせにその体を狙っていたのだ。それを知っていた舞子は応じようとしないが、無理やり彼女を弄んでハメる3人の男子高校生の力には逆らえない。その表情は絶対的な嫌悪感に満ちていた。我慢しきれずに棒を挿入された彼女は「やめて」と泣き叫ぶが、彼らは彼女を許す気はまったくなかった。その後、舞子は何度か彼らの家を訪れ、おもちゃにされる。快感に嫌気がさしながらも体は正直な麻衣子が、どこで快感に屈し、自分を許し、淫らな声を出すのか、見ものである。ある日、友人たちはおもちゃを使って、舞子の乳首、クリトリス、子宮を貫通するほどバイブを挿入し、潮を吹かせ、Gスポットやポルチオを刺激しながら、マンコをびしょ濡れにして、「お願い、イカせて、イカせて、気持ちいい、イク、イク、イク」と言った。何度もイカされた麻衣子は、射精の余韻からか、シャワーを浴びながらオナニーをし、自分の乳首やクリトリス、アソコを弄ぶ。その後、舞子は堰を切ったように淫乱熟女に変貌する。息子の友達に「もっと犯して、お願い、お願い」と懇願し、3人の友達のチンポを交互に弄びながら、舞子は「この若い硬いチンポが欲しい」とチンポの挿入を懇願する。舞子は両手でマンコを広げ、チンポを入れてくれと懇願する!舞子はムラムラして我慢できない。息子の友達3人が交代で手コキをし、その度に潮を吹く。3人が交互にチンコを咥えてナイステクフェラ、麻衣子は3本のチンコを口と手で刺激し、男たちのチンコをくすぐったがらせ、マンコ挿入をおねだりし続ける。ああ、気持ちいい、もっとちょうだい、もっとちょうだい、おまんこがびしょびしょ」と言いながらも、チンポが突き上げられ、ピストンが動くときの音から、おまんこがびしょびしょになっているのは間違いない。男がバックから挿入を急ごうとすると、麻衣子の尻は突き出され、チンポを探りながら挿入の歌を歌い、尻と腰を前後に動かして快感を味わっていた。麻衣子さんは痴女上手な美熟女だ。

私はこのシリーズ『終わらない、なかだし林一』の大ファンだが、この作品は格別にいい!なぜいいのか?主演女優が老熟女だからだ!若い熟女女優さんだと、役柄の設定からエロスを感じられないのですが...その点、今回は?綾瀬舞子?綾瀬舞子さんは、この作品の役柄にピッタリだと思います!すごくエロスを感じました!今後このシリーズに出てほしい女優さんは、中山穂香さん、戸田恵美さん、浜崎あゆみさんです。ぜひオファーしていただけませんか?ありがとうございました。

サンプル画像

受験終了後、友人たちから恨みを受ける 息子が受験勉強中、自宅で友人を招いて勉強会を開いていた光景は、私にとっても喜ばしいものでした。

自ら進んで努力する姿勢に、私は胸を張ることができました。

そして、推薦入学が決定したという喜ばしい知らせが舞い込みました。

しかし、受験を終えた息子を友人たちは恨むような態度をとり始めました。

彼らの怒りはなぜ息子に向かわず、私に向けられていたのか、私には理解することができませんでした。

狂気に満ちた友人たちが、自宅に押し掛けてきて、私に何度も謝罪を求めますが、それでも彼らに許されることはありませんでした。

それ以来、私たちは友人たちによる恨みの輪●に巻き込まれることとなりました。

日々、私たちは嫌がらせやいじめを受け、退屈な生活が続きました。

友人たちの狡猾な手口に対抗する方法を模索しましたが、彼らの執拗な攻撃は容易には受け止めることができませんでした。

私たちは心身ともに疲弊し、友人たちの恨みに晒される状況に絶望感に襲われました。

息子も同じように悩み苦しんでおり、私と彼の関係も次第にぎくしゃくしていきました。

友人たちの嫉妬や憎しみを受け止めながら、私たちは前向きに生きることを試みましたが、その困難さを感じる日々でした。

友人たちの恨みがいつ終わるのか、私たちはわかりませんでした。

時間が経てば収束するだろうと考えていましたが、彼らの執念深さに驚かされました。

私たち自身も限界に達し、逃げ出すことを考えた時もありましたが、母親として息子を守る覚悟を決め、立ち向かうことを決意しました。

友人たちの恨みにさらされる日々は、私たちにとっては苦しみが増えるだけのものでした。

しかし、私たちは決して諦めず、困難と向き合い続けました。

息子には自分の信念を保ちながら、友人たちの攻撃を受け止める力をつけてほしいと願っています。

受験終了後、友人たちから恨みを受けるという状況は予想もしなかったものでした。

しかし、私たちは諦めずに立ち向かい続けることで、この苦難を乗り越える方法を見つけることができるのかもしれません。

私たちは強くなり、友人たちの恨みから解放される日が来ることを信じて、前向きに生きていきたいと思います。

「受験勉強中の息子の勉強会が友人たちの怒りを買い、母親が被害に遭う」という衝撃的な事件が発生しました。

この記事では、息子の頑張りに感動した母親が友人たちからの執拗ないじめに遭う過程を詳しく追います。

記事を通じて、子供の自主学習の重要性といじめの深刻さについて考えさせられるでしょう。

おすすめの記事