[AVレビュー]友田真希×熟れコミ!! 原作:越山弱衰 トンデヒニイル 欲求不満な熟女の爛れた汗だく性交を卑猥に実写化!!

マドンナ専属女優・友田真希主演で、越山弱衰の原作『トンデヒニイル』が実写化!年末に帰省した叔母と甥の関係の変化について描かれている。

甥は叔母が気になっていたが、叔母はそれに気づいて甥をからかうためにわざと隙を作った。

しかし、二人は退屈しのぎにこっそりと肉体関係を持つようになり、それはすぐに始まった。

そして、立場が逆転し、甥が若い男性の欲望に応えるために言いなりになり、さらには日焼け跡まで残してしまうようになってしまった。

原作のエロスを忠実に再現し、さらにオリジナルのエピソードも追加されている。

無料サンプル動画

発売日2020-04-19 10:00:47
収録時間149
シリーズ---
ジャンルハイビジョン、独占配信、単体作品、不倫、原作コラボ、巨乳、人妻・主婦、熟女、デジモ
女優友田真希
レーベル熟れコミ
品番ure00056
価格300~

作品レビュー

もうすぐ48歳とは思えないほどエロティックで美しい真希。責めているのか責められているのか、セックスの最中も言葉が飛び交い、肉棒が激しく蜜壺を掻き回し、潮を吹いて大量のザーメンを注ぎ込む。興奮の極み!私の大学の熟女研究会のトップである真希ちゃんのこの肉体と蜜壺の名器で揺れる腰を一度でいいから味わってみたい。私の好みとしては、三条友美の漫画『名和悦夫人』を原作にしたAVで、真紀と遊んでみたい。

最高のシナリオと演技でとても気に入りました。

ドラマストーリーは前評判通り普通で少し残念でした。やりとりの回数が少なく、最後のやりとりに工夫が必要。Blu-ray版も発売されるようなので、友田監督の今後の作品の作り手にはぜひ挑戦してほしい。

ドラマ自体は特筆すべきものはない。しかし、今回は3つのシーンがある。すべて1対1のやりとりだが、"立ち上がる絆 "が多く、なかなかハード。強いて言えば、もっと絡み合うシーンがあれば、150分という尺がもっと長くなったかもしれない。

サンプル画像

叔母が甥をからかい、肉体関係に突入

本作品は越山弱衰による「トンデヒニイル」の実写化であり、主演はマドンナ専属・友田真希が務めます。

物語は年の瀬に帰省してきた叔母と甥の関係が描かれます。

叔母は甥に少し興味を持っており、わざと隙を作ってからかうことから始まります。

しかし、二人は暇を持て余していたこともあり、すぐに肉体関係を持つようになります。

この関係は時間の経過とともに立場が逆転し、甥が若い男性の欲望に従うようになります。

彼は叔母の言いなりになり、結果として日焼け跡までつくってしまうのです。

この作品は原作のエロスを忠実に再現するだけでなく、オリジナルエピソードも追加されています。

叔母と甥の関係の変遷や二人の欲望を通じて、人間の性欲や心理の複雑さが描かれています。

本作品はエロティックな要素が含まれていますが、それだけでなく登場人物の心情や人間関係も掘り下げられており、読者はさまざまな感情を抱くことでしょう。

立場が逆転し、甥が言いなりに

「トンデヒニイル」という作品は、越山弱衰の原作を基にマドンナ専属女優の友田真希が主演する実写化映画です。

ストーリーは、年の瀬に帰省してきた叔母と甥の関係が変化していく様子を描いています。

物語は、何となく気になる甥に対して叔母が興味を持ち始めることから始まります。

叔母は甥にからかいの隙を作り、敢えて彼をからかいます。

しかし、二人は暇を持て余していたため、密かに肉体関係を持つことになります。

この関係は時間もかからずに進展し、立場が逆転していきます。

叔母は若い男性の欲望に惑わされ、甥の言いなりとなってしまいます。

彼女は甥の欲望に応えるため、積極的な行動を取ります。

そして、彼女が甥の欲望に応えるために取った行動の結果、彼女の体には日焼け跡までついてしまうのです。

この映画は、原作のエロティシズムを忠実に再現しています。

また、オリジナルのエピソードも追加され、より魅力的に展開されています。

この作品は、大人の関係や禁断の愛を描いており、そのドラマチックな展開に注目です。

おすすめの記事