[AVレビュー]妻の妊娠中、オナニーすらも禁じられた僕は上京してきた義母・凛々子さんに何度も種付けSEXをしてしまった…。 [木下凛々子]

妻の妊娠に心配で義母が上京してきた。

しかし、自分の気軽な態度が原因で妻に怒られてしまう。

さらに婆さんは自分以外の快感を感じることを許さず、オナニー禁止令を出す。

その後、悶々としていた自分はつい義母の下着を嗅いでしまい、それを目撃されてしまう。

そして、私たちの口論を聞いた義母は罪悪感からか私が代わりになってあげましょうか?と提案してきた…。

妊婦の妻が心配で、義母の凛々子さんが田舎から上京してきました。

義母のおかげで妻のストレスが軽減されると思ったのですが、私がまるで無責任な態度を取っていることが原因で妻を怒らせてしまいました。

さらに、私が一人で快感を得ることを許さず、妻からオナニー禁止令を言い渡されました。

その後数日、悩みながら、つい凛々子さんの下着を嗅いでしまったところ、その光景を目撃されてしまいました。

私たちの口論を聞いていた凛々子さんは、なんと私が代わりになってあげましょうか?と提案してきました…

無料サンプル動画

「妊娠中の妻を心配し上京した義母の凛々子さんとの一連の出来事」

発売日2022-07-08 10:00:18
収録時間141
シリーズ妻の妊娠中、オナニーすらも禁じられた僕は…
ジャンルハイビジョン、独占配信、熟女、単体作品、不倫、巨乳、中出し、デジモ、人妻・主婦、期間限定セール
女優木下凛々子
レーベルMadonna
品番juq00016
価格500~

作品レビュー

次は独身を強要される婿。4作目の温泉での孕ませに似たシチュエーションである。倫子演じる姑は、非常に理解のある人だ。美人で魅力的な体つき。"いい匂いした?"と言う。そうみたい。花の香りかな。そう、ブラの匂い......この最初のシーン、とても自然で、手コキ、オッパイを見せる、触る、キスする、吸う、もう我慢できなかった。もう我慢できなかった。このシーンはとても見応えがあり、必要以上にドキドキしてしまった。風呂上がりはさらに艶めかしくなった。ああ、あの体勢で咥える感覚は格別なのだろう、彼女はすぐにイッてしまう。さて、どう関わろうかと悩むまでもなく、母性愛からご奉仕まで、ここは不自然でない雰囲気に満ちている。パジャマ、奥様と間違われるほど、気づいたものの、我慢できない、そう、倫子ちゃんボディ、見れば、触れば、そりゃそうだ。貪るように乳房を舐め、吸い、そして挿入する。少しオクターブ高めの彼女の声を聞くと、つい欲情してしまう。本能の赴くままに絡みは続く。さて、カットソーもジーンズもよく似合い、ヘアスタイルもメイクも滅茶苦茶、胸も強調されている。妊娠中の妻はマタニティ・ヨガなるものに出会い、私と二人きりになりたいと言い出し、そうだ、みんなで見ようということになった。今回ばかりは、この悩殺ルックが劇的に素晴らしい。そして、立ち上がり、片足を上げての挿入シーン◎後ろから挿入する彼女のたわわなおっぱいを堪能できるし、何より彼女の顔がよく見えるし、文句なし。お風呂での短いシーンもあり、見るたびにますます好きになる。最後にいよいよ倫子が誘ってくる。舌舐めずり、腰のうなり、そしてりりんこちゃんのボディを十二分に堪能できる。なんといっても、りりんこちゃんのSEXはぶっ飛んでいて激しい。もともとこの役で女として覚醒し、熟れたボディを堪能しているのだが、ドラマの雰囲気や演じる役の心情を踏まえたグラマラスなテクニックが味わい深く、ハマるとさらに木下莉倫子の深みにはまってしまうかもしれない。

神作は、りりんこ様の甘いセリフから始まる。妊娠中の妻に隠れて「二人だけの秘密だよ。行こうか」と倫子様の誘惑。優しい表情と言葉で男を包み込む。手だけなら浮気じゃない」と、りりんこ様の美声。もう神業である!りりんこ様のおっぱい、柔らかそうでツヤツヤ。それに埋もれる男優さんが羨ましい。りりんこ様を際立たせるカメラワークや衣装、ドラマの展開も最高です。りりんこ様のセックスは見た目も美しい。本作でも騎乗位やバックファックが多い。イク、イク、イク」と苦しそうな表情でセックスをする。イクときの足の震えがたまらなくエロい。作中ではシンプルな服も派手な服も完璧に着こなしている。美人は何を着ても似合う。倫子様は世界一ジーンズが似合う。女神・凛々子様のセクシーランジェリー姿は貴重です。誘惑し、情熱的にしゃぶる。激しくも優しいセックスに花開く凛々子様はとても素敵です。これからもずっと凛々子様にお世話になろうと改めて思いました。

あなたの欲求不満は・・・。りりんこ様こそ、満足させてくれるようなお返事を...。経験豊富な方の神対応ですね...。でも、中途半端はいけないよ...。凛々子ほら、婿が暴れてる...。でも、勃起した乳首をいじられながら騎乗位で下から突かれたり、背面騎乗位で熟女が暴れるほど激しく突かれたり、脚を開かせてクンニされると喘いでイッちゃったり...。満足してないみたい...。倫子も...。「気持ちいい」「もう我慢できない...。気絶しそう..."。"気持ちいい"、"もう我慢できない...。死んじゃう...」って...。そして最後は倫子が婿のチンポを求めてる...。汗だくになりながらも、婿のチンポを責め続ける倫子(騎乗位がめちゃめちゃ綺麗!)・・・。どっちが欲求不満なんだか...。どっちが欲求不満なんだか...!そして倫子のマンコの中に射精...。親子で妊娠なんてことにならなければいいのだが...!

サンプル画像

オナニー禁止令が言い渡される 田舎から上京してきた義母の凛々子さんが、妊娠中の妻を心配してやってきた。

初めての出産に不安を抱える妻のストレスを軽減するためにやってきたのだが、能天気な態度を取ってしまった夫の僕は、逆に妻を怒らせることになってしまった。

その上、言われなければ分からないような無神経な行動が原因で、妻からオナニー禁止令を言い渡されることになった。

自己満足の快感だけを求めている自分が許せない、という妻の思いが込められていた。

オナニー禁止令が言い渡されてから数日が経過し、僕は悶々とした気持ちで生活している中、ついつい凛々子さんの下着を嗅いでしまう。

しかし、その行為を目撃されてしまった。

僕たちの口論を聞いていた凛々子さんは、何か罪悪感からか私が代わりになろうか?と提案してきた。

この出来事を通して、僕は妻の心情や凛々子さんの気持ちを改めて理解することができた。

オナニー禁止令は、自己満足に走る行為ではなく、相手の気持ちや愛情を大切にするためのものだったのだ。

妊娠期は女性にとって大きな変化がある時期であり、心身ともに不安定な状態に置かれることが多い。

夫としては、妻の感情の起伏に寄り添い、サポートすることが求められる。

そのためには、自分の欲望や快楽を抑えることも必要だということを再認識した。

また、義母である凛々子さんとの関係も見直す機会となった。

彼女は妻の心配をしているだけでなく、自分を代わりになろうかと提案してくれた。

彼女の言葉は単なる罪悪感からの行動ではなく、家族愛に基づいたものだったのだ。

この出来事を通して、家族の絆がより深まることを願っている。

オナニー禁止令は一見厳しい制約に感じられるかもしれないが、その背後には家族への思いや愛情が込められていることを理解し、妻との新たなスタートを切りたいと思っている。

おすすめの記事